ヒルトンアメックスとマリオットアメックス、優待特典やマイル還元率など徹底比較

アメックスでは、Hilton Honors(ヒルトンオナーズ)やMarriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)との提携カードが発行されています。ヒルトンアメックスとマリオットアメックスカードは、各提携ホテルへ宿泊した際に受けられる優待サービスや上級会員資格を付与してもらえるのが特長です。

そこでこの記事では、ヒルトンアメックスとマリオットアメックスのマイル還元率や優待特典について比較紹介します。旅行の際にホテルの優待サービスを受けたい方や、ヒルトンアメックスとマリオットアメックスどちらを発行するか悩んでいる方などは、参考にしてみてください。

※この記事は2022年7月14日時点の情報に基づき執筆しています。最新情報はご自身にてご確認頂きますようお願い致します。
※本記事は情報提供を目的としており、特定サービスの利用を勧誘するものではございません。申込に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

目次

  1. ヒルトンアメックスとマリオットアメックスの基本情報を比較
  2. ヒルトンアメックスとマリオットアメックスのポイントプログラムを比較
    2-1.ヒルトンアメックスの方が高い還元率
    2-2.新規入会時のボーナスポイント付与数
    2-3.貯まったポイントの活用方法
  3. ヒルトンアメックスとマリオットアメックスの優待特典を比較
    3-1.両カード共に上級会員資格付与
    3-2.無料宿泊特典を獲得しやすいカードはヒルトンアメックス
    3-3.マリオットアメックスは宿泊実績の特典が充実
    3-4.ヒルトンアメックスは優待プログラムの年会費がお得
    3-5.アメックスカード提供の空港特典
    3-6.アメックスカード提供の旅行、エンターテイメント特典
  4. まとめ

1.ヒルトンアメックスとマリオットアメックスの基本情報を比較

項目 Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カード Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
本会員の年会費 23,100円(税込) 49,500円(税込) 16,500円(税込) 年会費66,000円(税込)
家族会員の年会費 家族カード1枚目無料
2枚目以降1枚につき11,550円(税込)
家族カード1枚目無料
2枚目以降1枚につき24,750円(税込)
家族カード1枚目無料
2枚目以降1枚につき6,600円(税込)
家族カード3枚目まで無料
4枚目以降1枚につき13,200円(税込)
提携サービス Marriott Bonvoy Hilton Honors
ポイントプログラム Marriott Bonvoyポイント ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント
アメックスカード提供の特典 各カードに付帯
上位ランクのMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードとヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードは特典数が多い
付帯保険 国内、海外旅行傷害保険
ショッピング・プロテクション
オンライン・プロテクション
国内、海外旅行傷害保険
海外旅行時の航空便遅延費用補償付帯
ショッピング・プロテクション
オンライン・プロテクション
スマートフォン・プロテクショ
リターン・プロテクション
キャンセル・プロテクション
国内、海外旅行傷害保険
ショッピング・プロテクション
オンライン・プロテクション
国内、海外旅行傷害保険
海外旅行時の航空便遅延費用補償付帯
ショッピング・プロテクション
オンライン・プロテクション
スマートフォン・プロテクショ
リターン・プロテクション
キャンセル・プロテクション

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カードとMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードは、Marriott Bonvoyとの提携カードで、Marriott Bonvoyエリート会員資格取得プログラムやMarriott Bonvoyポイントプログラムなどが付帯されています。

マリオット系列ホテルは、国内に50以上点在しています。

一方、ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードとヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードは、Hilton Honorsとの提携カードで、ヒルトン系列ホテルの宿泊時に優待特典を受けられるほか、カード利用の際にポイントを進呈してもらえます。

ヒルトン系列ホテルは、国内に15以上点在していて、東京都と大阪府、沖縄県に集中しています。

各カードに付帯されている上級会員資格とは、マリオットやヒルトン系列ホテル宿泊時に朝食無料や宿泊部屋のアップグレードといった優遇を受けられる会員専用サービスのことです。

両カードには、プレミアムカードが発行されているのも特徴です。普通カードとプレミアムカードは、ポイント還元率や上級会員資格の内容、付帯保険の種類に違いがあります。普通カードは年会費がプレミアムカードより1万円以上安い一方、プレミアムカードは両系列ホテル利用時の優待などが充実します。

2.ヒルトンアメックスとマリオットアメックスのポイントプログラムを比較

続いては、ヒルトンアメックスとマリオットアメックスのポイントプログラムと還元率、どちらがマイルを貯めやすいかという点について確認していきます。

2-1.ヒルトンアメックスの方が高い還元率

項目 Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カード Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
基本還元率 2.0% 3.0% 2.0% 3.0%
対象施設でのカード利用 4.0% 6.0% 3.0% 7.0%

各カードは、対象施設でのクレジット決済でポイント優遇を受けられるようになっています。

特にポイント還元率の高いカードは、ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードです。スーパーや飲食店、ネットショップなどでカード利用した場合は、100円につきヒルトン・オナーズ・ボーナスポイントが3ポイント貯まります。さらにヒルトン・ポートフォリオ内のホテルやリゾート施設利用代金をカードで支払うと、100円につき7ポイント貯まるのが特長です。

基本還元率は、Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードと同じ水準ですが、ポイント優遇特典で1.0%程高い設定となっています。

2-2.新規入会時のボーナスポイント付与数

項目 Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カード Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
新規入会特典の条件とポイント付与数 入会後3ヶ月以内に30万円利用:10,000ポイント付与 入会後3ヶ月以内に30万円利用:30,000ポイント付与 入会後3ヶ月以内に30万円利用:10,000ポイント付与 入会後3ヶ月以内に30万円利用:30,000ポイント付与

執筆時点における新規入会特典で獲得できるボーナスポイント数と条件に関しては、特に大きな違いなどはありません。

普通カードのMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カードとヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードは、新規入会後3ヶ月以内にカード利用額30万円達成で、10,000ポイントを付与されます。

また、プレミアムカードのMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードとヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードは、普通カードと同様の条件で30,000ポイント付与される仕組みです。

2-3.貯まったポイントの活用方法

カード利用で貯まったポイントは、無料宿泊特典やイベント体験、支払いなどに活用することが可能です。

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カードとMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの利用で貯まるMarriott Bonvoyポイントは、マリオット系列のホテルで活用可能な無料宿泊特典、航空券やレンタカー、マイルなどへ移行可能です。

たとえば、ANAマイルの移行レートは3:1なので、3ポイントにつき1マイルのレートになります。

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードとヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの利用で貯まるヒルトン・オナーズ・ボーナスポイントは、ヒルトン・オナーズ・イベントプランナー・プログラムでイベントチケット、支払い、無料宿泊特典、マイルなどへ交換および移行できます。

ANAマイルの移行レートは10:1で、10ポイントにつき1マイルのレートです。

マイレージプログラムによって交換率は異なるものの、Marriott Bonvoyポイントの方が高い交換率となるケースもあります。旅行の際にマイルを効率よく貯めたい方は、Marriott Bonvoyポイントとヒルトン・オナーズ・ボーナスポイントに対応しているマイレージプログラムを確認した上で判断するのが大切です。

3.ヒルトンアメックスとマリオットアメックスの優待特典を比較

ここからは、ヒルトンアメックスとマリオットアメックスの宿泊特典を中心に比較紹介していきます。

3-1.両カード共に上級会員資格付与

項目 Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カード Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
対象の上級会員資格 Marriott Bonvoyエリート会員資格取得プログラム ヒルトン・オナーズ・エリートステータス
上級会員資格特典の内容 シルバーエリート会員資格
チェックアウト時間の延長
Marriott Bonvoy参加ホテルの利用で1米ドルにつき11ポイント付与
Marriott Bonvoy参加ホテルの高速インターネットを無料で利用可能
ゴールドエリート会員資格
チェックアウト時間の延長
Marriott Bonvoy参加ホテルへ到着した際に250もしくは500ポイント付与
Marriott Bonvoy参加ホテル利用時、1米ドルにつき12.5ポイント付与
ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータス
対象ホテルの朝食無料サービス
客室のアップグレード
10ヒルトン・オナーズ・ベースポイントに対して8ポイントのエリートステータス・ボーナスを加算
マイルストーンボーナス
会員ランクアップ特典の有無 年間100万円以上のカード利用額達成で、ゴールドエリート会員資格獲得 年間400万円以上のカード利用額達成で、プラチナエリート会員資格獲得
朝食無料特典
ウェルカムギフト特典
スイートルームを含む客室アップグレード
レイトチェックアウトサービス(16時まで)
Marriott Bonvoy参加ホテル利用時、1米ドルにつき15ポイント付与
なし 年間200万円以上のカード利用額達成で、ヒルトン・オナーズ・ダイヤモンドステータス獲得
エリートステータス・ボーナス特典が10ポイントへアップ
エグゼクティブラウンジ特典
プレミアムWi-Fi無料特典

会員ランクアップ特典なしで朝食無料サービス、客室のアップグレード特典などを受けられるのは、ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードとヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードです。

両カードに付帯されているヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスは、特典滞在でのリゾート料金無料特典、デジタルチェックインとチェックアウト、無料Wi-Fiサービス、朝食無料サービスなどが含まれています。

ホテル提供の朝食を楽しみにしている方や快適に過ごせる空間が欲しいという方には、気軽に楽しめるサービスといえます。

なお、Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カードに付帯されているシルバーエリート会員資格は、デジタルチェックインやチェックアウト、無料Wi-Fi、予約保証といったサービスを受けられます。年会費負担を抑えながら宿泊サポートサービスを受けたい方には、メリットの多い特典です。

一方、系列ホテルを積極的に利用する予定の方や上級会員資格を重視している方は、ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードやMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードでよりメリットを感じられる可能性があります。

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードは、年間400万円以上のカード利用額達成でプラチナエリート会員資格を付与してもらえます。プラチナエリート会員資格は、通常は年間50泊以上の宿泊実績がなければ獲得できないサービスです。ゴールドエリート会員資格で受けられる特典に加えて、ラウンジ特典や客室保証、無料宿泊特典が追加されています。

一方、ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードは、カード利用額年間200万円以上で、年間30泊以上の実績が必要なヒルトン・オナーズ・ダイヤモンドステータスを付与してもらえます。ゴールド会員資格の特典に加えて、48時間の客室保証や客室のアップグレードなどといった、上質な旅を支えるサポートサービスを受けられるのが特長です。

3-2.無料宿泊特典を獲得しやすいカードはヒルトンアメックス

項目 Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カード Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
無料宿泊特典の条件 Marriott Bonvoy参加ホテルで利用可能な無料宿泊1泊分の特典
年間150万円以上のカード利用額達成
その他、Marriott Bonvoyポイントを最大で15,000ポイント追加可能
ヒルトン・ポートフォリオ内のホテル―やリゾート施設で、利用可能な無料宿泊1泊分の特典
年間150万円以上のカード利用額達成
ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード会員はカード利用額にかかわらず特典を利用可能、年間300万円以上のカード利用額達成で1泊分の無料宿泊特典追加

無料宿泊特典を獲得しやすいのは、ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードです。同カードは、他3種類と異なりカードの継続利用で1泊分の無料宿泊得特典を受けられます。

さらに年間300万円以上のカード利用額を達成した場合は、1泊分の無料宿泊特典を追加してもらえるのが特徴です。カードの利用頻度が高い方は2泊分の特典を受けられますし、そうでない方も1泊分の無料宿泊特典を利用できます。

3-3.マリオットアメックスは宿泊実績の特典が充実

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カードとMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードは、上級会員資格のグレードアップに活用可能な宿泊実績に関する特典を受けられるのが強みです。

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カードを発行した場合は、新規入会および継続特典として5泊分の宿泊実績を獲得できます。初年度は新規発行の際、2年目以降は更新の際に特典を受けられる仕組みとなっています。

一方、Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの新規入会および継続特典は、宿泊実績15泊分です。

カード利用で上級会員資格をアップグレードできない時は、宿泊実績の特典で達成することも可能といえます。

3-4.ヒルトンアメックスは優待プログラムの年会費がお得

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードとヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードは、優待プログラムの年会費を割引してもらえるようになっています。

優待プログラムのヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン(HPCJ)は、国内と韓国の優待対象ホテル利用時に割引サービスを受けられるのが主なメリットです。宿泊代金は25%割引、ホテル内レストランの飲食代は最大20%割り引いてもらえます。

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン(HPCJ)の年会費は通常25,000円(税込)ですが、カード会員であれば10,000円(税込)になります。さらにヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード会員は、初年度の年会費無料です。

ホテルやレストランをお得に利用したいという方には、特に愛用しやすい優待プログラムおよび特典です。

3-5.アメックスカード提供の空港特典

項目 Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カード Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
手荷物無料宅配サービス
大型手荷物宅配優待特典
エアポート送迎サービス
空港周辺パーキング
オーバーシーズ・アシスト
グローバル・ホットライン
空港ラウンジ特典
無料ポーターサービス
空港クロークサービス
海外レンタルサービス
レンタカー
旅行予約サイトに関する特典 Marriott Bonvoy参加ホテルの予約サービスを利用可能
HIS アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク:電話で旅行の予約手配を依頼可能
特典数 9特典 11特典 8特典 9特典

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードが、空港特典の数という点でメリットの多いカードといえます。ただ、特典内容に大きな違いはないため、空港特典と提携先の独自特典を合わせて比較した方がいい場合もあります。

同カードに付帯されていないグローバル・ホットラインとは、オーバーシーズ・アシストと同じく旅行中のトラブルサポートや旅行予約手配などを行ってもらえるサービスのことです。医療に関するサポートに関しては、オーバーシーズ・アシストの方が充実しています。

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードは、エアポート送迎サービス以外、Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードと同様の空港特典が付帯されています。

エアポート送迎サービスは、自宅~空港間をタクシーで送迎してもらえるサービスに関する割引特典です。車を利用しない、電車やバスで空港まで移動できない場合などに役立ちます。

カード会社提携の空港ラウンジ特典は各カードに付帯されていて、ラウンジを利用してみたい方や旅行中に休憩できる場所が欲しい方などにメリットがあります。

他にも手荷物無料宅配特典や大型手荷物宅配の割引特典、レンタカーや海外携帯電話のレンタル料割引、空港周辺パーキングの割引特典や空港クロークサービスは、各カードに付帯されています(空港クロークサービス:手荷物預かりの無料サービス)。

3-6.アメックスカード提供の旅行、エンターテイメント特典

項目 Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カード Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
カード会員限定 イベント 全て付帯 Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カードと同じ内容 全て付帯
ゴールド・ワインクラブ
ゴルフ・デスク
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの優待特典
高台寺塔頭 圓徳院 客殿の優待特典
新国立劇場の優待特典
AMERICAN EXPRESS EXPERIENCES
特典数 3特典 7特典 3特典 7特典

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カードとヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードは、共通の特典です。Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードとヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードも特典の種類と内容が共通しています。

旅行特典に関しては、普通カードとプレミアムカードで比較した方が判断しやすいといえます。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン特典は会員向けのツアー特典で、高台寺塔頭 圓徳院 客殿は拝観料無料やお茶の接待などといった特典内容です。新国立劇場の特典では、ドリンク券のプレゼントや舞台のチケット先行購入サービスを受けられます。

また、AMERICAN EXPRESS EXPERIENCES特典では、アメリカン・エキスプレスで厳選されたコンサートなどのチケット先行購入サービスを楽しめます。

ゴルフやワインの優待サービスを受けたい方や舞台鑑賞が好きな方などは、プレミアムカードから比較した方がいい場合もあります。

まとめ

ヒルトンアメックスとマリオットアメックスは、年会費だけでなくポイントプログラムの種類と還元率、優待対象のホテル、上級会員資格の取得条件と内容などに特長と違いがあります。また、空港特典など一部の特典は、提携先の同じカードでも普通カードとプレミアムカードで異なる内容です。

旅行や出張において客室のグレードやホテルのサービスを重視している方や、ヒルトン、マリオット系列ホテルの利用頻度が高い方は、今回紹介した特典やサービスを参考に比較してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
菊地 祥

菊地 祥

FP3級技能士、投資信託4年目、株式投資8年目。2018年からフリーランスとしてwebライティングやメディア運営を行っています。また、webライターとしては株式投資や投資信託などをやさしく解説。