イーサリアム初心者ガイド – 最新ニュース・特徴・仕組み

イーサリアム初心者ガイドとは?

イーサリアム初心者ガイドではイーサリアムに関するさまざまなニュース、イーサリアムの特徴について詳しく説明しています。

イーサリアムとは?

イーサリアムとは、契約や取引を自動化するプログラム「スマートコントラクト」を導入した分散型アプリケーション「DApps」の開発プラットフォームです。混同されがちですが、イーサリアムはヴィタリック・ブテリンによって提唱され現在も開発が進むイーサリアムプロジェクトの総称のことで、イーサリアムプロジェクト内で利用される内部通貨はイーサ(ETH:Ether)と呼称されています。私たちが仮想通貨取引所で購入できる仮想通貨はこのイーサを指します。

イーサリアムについて学ぶ

イーサリアムを購入できる国内のおすすめ仮想通貨取引所

イーサリアムを購入できる国内のおすすめ仮想通貨取引所の一覧をまとめています。取引所の概要や特徴、取引手数料などについて詳しく解説していますので、取引所選びの参考としてください。

イーサリアムに関する新着記事の一覧

イーサリアムに関する国内・海外の最新ニュースをまとめています。

投資ニュース

【イベントレポート】JBA定例会、ALIS CEO 安 氏が語る「DeFiの全体像と現状、またその魅力について」

ブロックチェーン技術の普及・発展に取り組む一般社団法人日本ブロックチェーン協会(JBA)は9月8日、ブロックチェーン技術を用いた分散型ソーシャルメディアプラットフォームを運営する株式会社ALISのCEO 安 昌浩 氏を招き「DeFiの全体像と現状、またその魅力について」と題した定例会を実施した。
投資ニュース

フレセッツ、イーサリアム上でスマートコントラクトを用いないマルチシグ実装を可能に

⼤規模事業者向けに業界標準の暗号資産ウォレット管理システムを提供するフレセッツ株式会社は8月12日、「GG18」とよばれる論文で提唱された技術を用いることで、ブロックチェーンレイヤーではマルチシグ機能を有さないイーサリアム(ETH)において
投資ニュース

米証券保管振替機構、イーサリアム上で未公開株のトークン化を試行

米国証券市場の集中管理機関である証券保管振替機構(DTCC)は、分散型台帳技術を活用した未公開株のトークン化モデル「Project Whitney」のケーススタディを5月18日、公開した。DTCCはデジタル未公開株をイーサリアム・パブリックチェーン上で発行し、流通市場を促進するスキームを構想している。
投資ニュース

ブロックチェーンのトレーサビリティを活用して環境問題へ取り組む。新たな電気小売サービスがリリースへ

リフューチャーズ株式会社は5月21日、法人及び家庭向けに再エネ100%、故郷を選んで地産地消を実現させる電力小売サービス「EARTH ENERGY(アースエナジー)」を正式にリリースした。温暖化・気候変動の問題の解決に取り組みたい法人・行政
投資ニュース

暗号資産イーサリアムのステーキングとは?次の大規模アップグレード「Ethereum 2.0」の要点まとめ

イーサリアムの開発者は現在、大型アップグレード「Ethereum 2.0(以下「ETH 2.0」)」に取り組んでいる。時価総額2位の暗号資産は、基盤となるブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムを刷新し、ネットワークの分散化と高速化を目指している。
shutterstock_691685071投資ニュース

E&Y幹部が語る、企業によるパブリックなイーサリアム・ブロックチェーン導入の利点

大手会計事務所アーンスト・アンド・ヤング(EY)の幹部は、企業がパブリック・プロックチェーンを利用することのメリットを主張した。EYは、パブリックなイーサリアム・ブロックチェーンを推奨している。米国の経済誌フォーブスは4月26日、伝えている。
The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。