Compoundに続きAaveも機関投資家への新サービスを発表、DeFiと既存金融の融合へ

DeFiレンディング大手のAaveが、機関投資家を対象にした新サービスを7月5日に発表した。7月中にローンチする予定だという。

「Aave Pro」と称される新サービスは、既存金融の機関投資家に向けたものだ。現在広く普及しているAave v2のスマートコントラクトを利用した、集権型のサービスになるという。

Aave ProはこれまでのAave v2などとは異なり、本人確認(KYC)を必要とする。ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、Aave(AAVE)、USD Coin(USDC)の4銘柄を取り扱うといい、既存のv2などとは流動性プールを共有しないという。

対象が機関投資家となっておりKYCを必要とするサービスであることから、カストディ業務はFireBlocksが提供するとした。FireBlocksが、金融機関と合意したルールに基づきKYCを実施することになっている。

将来的にはAave Proでもガバナンスの仕組みを実装する可能性あがるとした上で、現時点では集権型のサービスとして提供していくという。

6月末には、Aaveと同じDeFiレンディング大手のCompoundも、機関投資家向けの新サービスを発表している。こちらもFireBlocksとの提携により実現しており、Compoundの開発を主導するCompound Labsが顧客資産の運用を行うとした。

Compoundの取り組みでは、ステーブルコインUSDCの発行および管理を行うCircleとの提携も行なっており、顧客は米ドルを預けるだけで自動的にUSDCに換金してCompoundで運用される。

Aaveの発表は、Compoundに続く形となっており、詳細については明らかとなっていないものの、Compoundを意識したものである可能性は高いだろう。

AaveとCompoundは、数あるDeFiサービスの中でも特に多くのユーザーと資金を獲得しており、DeFiと既存金融を融合させるための重要な役割を持っている。

【参照記事】https://twitter.com/TraderNoah/status/1411719489947906048

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
株式会社techtec リサーチチーム

株式会社techtec リサーチチーム

「学習するほどトークンがもらえる」ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル) 」を運営。日本発のブロックチェーンリーディングカンパニーとして、世界中の著名プロジェクトとパートナーシップを締結し、海外動向のリサーチ事業も展開している。Twitter:@PoL_techtec