PoL、世界8言語でのグローバルローンチを記念して「イーサリアム2.0」をテーマにしたEth2 AMAを開催へ

仮想通貨・ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル)」は7月29日、世界8言語(英語、中国語、ヒンディー語、インドネシア語、ロシア語、スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語)でのグローバルローンチを発表した。これを記念して、イーサリアム財団Alex氏をゲストに迎えEth2 AMAを開催することも発表されている。

PoL(ポル)は、学習履歴をブロックチェーンに記録するeラーニングプラットフォームだ。ブロックチェーンに記録されるデータは、改ざんが困難かつ高い透明性を誇る。そのため、管理者の恣意性を排除した真に正しい学習データを生成することがで、PoLではこの正しい学習データを活用することで学習歴社会の実現を目指している。

PoL多言語化を記念して開催されるEth2 AMAは、2020年12月1日よりスタートした「イーサリアム2.0」をテーマに、イーサリアム財団のEth2リサーチャーAlex氏を招いて開催される。

本イベントでは、プロジェクトの概要や開発状況、ガス代への影響などイーサリアム2.0に関するどんな疑問でもAlex氏に尋ねることができる。AMAはredditを通したスレッド形式で行われ、日本語での質問も可能だ。Alex氏からの回答は全て英語となるが、運営事務局が翻訳を代行してくれる運びとなっている。

イーサリアム2.0は、イーサリアムのPoS(Proof of Stake:プルーフ・オブ・ステーク)への移行およびシャーディングの実装を主な目的とした大型アップデートとプロジェクトの総称。大きく分けて4つのフェーズから構成され、その第一弾となる「フェーズ 0」が2020年12月1日にローンチされている。PoSへの移行によりマイニング環境問題を、シャーディングの実装によりスケーラビリティ問題をそれぞれ解消することが期待されている。

【関連記事】イーサリアムとは?特徴・仕組み・購入方法
【参照記事】ブロックチェーン学習サービスPoL(ポル)がグローバルローンチ、世界8言語に対応
【関連記事】ブロックチェーンを教育に活用。次世代の教育が作り出す、学習の在り方は

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。