「米麹を使ったクラフトコーラ、飲んで下さい」UMAMI COLA開発企業が株式投資型CF「FUNDINNO」で応援呼びかけ

八海山の米麹をベースにした天然「クラフトコーラ」。新ジャンル<ナチュラルドリンク>で清涼飲料水市場に挑む『UMAMI COLA』

クラフトコーラ「UMAMI COLA(ウマミコーラ)」を販売するUMAMI COLA株式会社は、株式投資型クラウドファンディング(CF)サービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」で7月13日から募集による投資申込みの受付を開始する。「UMAMI COLA」は米麹だけで作った甘酒をベースに、スパイスやハーブなどの柑橘類から作られ、ビタミンB群や必須アミノ酸など豊富な成分を含んだシロップ。目標募集額750万円、上限応募額3千万円。「安心して毎日飲める『ナチュラルドリンク』という新たな分野を清涼飲料水業界に確立し、クラフトコーラ業界はもちろん、清涼飲料水業界全体のさらなる地位向上を図りたい」と、投資による応援を呼び掛ける。投資は1口 10万円10株、1人5口まで。申込期間は17日までの5日間。

八海醸造株式会社の米麹だけで作った甘酒をベースに製造される「UMAMI COLA」は「病気になりにくい体を作ることを目指して、安心して飲んでもらえるクラフトコーラ」がコンセプト。スパイスやハーブ、沖縄県産のシークヮーサーなどの柑橘類から作られる天然の「生」クラフトコーラ。既存のコーラのように、添加物や遺伝子組み換え、果糖ブドウ糖液糖や人工甘味料は使用しない。

米麹は、ビタミンB群や必須アミノ酸9種類など、約350種類もの成分が含まれるその栄養価の高さから「飲む点滴」「飲む美容液」といわれる。米麹で作られた甘酒は、食後血糖値とインスリン量の上昇を抑制する成分が含まれている(八海醸造調べ)。「UMAMI COLA」はその他にも「トゥルシー」や「エルダーフラワー」など、10種類以上のハーブやスパイスを調合、試行錯誤を重ねて実現したバランスの良い味わいが売り。サイトでは4倍に希釈して飲むレシピを掲載している。

現在はシロップを瓶入りで販売しているが、シロップを炭酸で割り、RTD(缶ジュース)化する計画を進めている。缶は「最も美味しい状態で消費者に届けられ、かつリサイクル率が約94%で環境にもやさしい」(同社)という理由だ。

ウマミコーラのRTD(缶ジュース)化

RTD化のため自社工場を設立、販路を拡大し、初年度約47万本の販売を目標とする。2027年には欧米への展開を果たし、28年に1100万本以上の販売を計画。また、SDGs(持続可能な開発目標)への取り組みの一環として、缶を1本買えばもう1本を貧困に苦しむ子供たちへ寄付できる「Buy One,Give One」など、消費者を巻き込んだ社会貢献活動のアイディアも温めている。

Buy One,Give One

同社はエンジェル税制適用確認企業(タイプA)。株主優待として、「UMAMI COLA」シロップ(720ml)を毎年一本プレゼント、商品割引などを予定している。

【関連サイト】株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」
【関連ページ】FUNDINNO(ファンディーノ)の評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定の企業・商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」