SBIネオトレード証券、米国株CFD・指数CFD取扱開始。レバレッジを活用して投資可能

株式会社SBIネオトレード証券は8月19日、米国個別株、米国株価指数などへのレバレッジ投資が可能なCFD取引を開始すると発表した。同日午後4時から新規口座開設の申し込み受付を開始、同月下旬から取引を開始する。

同社のCFD取引は取引手数料0円(ロスカット時には手数料が発生)、個別株CFDのレバレッジは最大 5倍、指数CFDのレバレッジは最大 10倍。個別株、指数ともに厳選した銘柄合計32銘柄の取り扱いを予定する。売りから取引ができるので、下落相場でも収益チャンスがあるとしている。

取扱銘柄は、個別株がApple・Amazon・Teslaなど主要28銘柄、株価指数は米国30、米国100、米国500、日本225の4銘柄。なお、既に同社に証券総合口座を開設済みの場合、CFD口座の申込受付開始は21日のメンテナンス後を予定している。

同社はこれまで、国内株信用取引の取引手数料無料化、 制度信用の最優遇金利1.19%への引き下げなど、信用取引に特化してサービス強化を進めてきた。CFD取引の開始にあたり「資金効率が高く、低コストの商品を提供することで顧客満足度を高めたい」としている。

ロスカットにより建玉が決済される際は、 指数CFD取引は1枚110円(税込)、 個別株CFD取引は55円(税込)のロスカット手数料がかかる。

【関連サイト】SBIネオトレード証券
【関連記事】SBIネオトレード証券の評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」