手書き帳票のデジタル移行で企業のDXを支援。サービス開発ベンチャーがFUNDINNOでCF

これが企業全体のDX化を進める鍵になる!手書き帳票をそのままデジタル化し業務工程の記録・分析を可能にする「ラピルスDX」

株式投資型クラウドファンディング(CF)サービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」で5月26日、「これが企業全体のDX化を進める鍵になる!手書き帳票をそのままデジタル化し業務工程の記録・分析を可能にする『ラピルスDX』」が公開された。株式発行者の株式会社ライカシャトルは、企業が使用している手書きの帳票をデジタル化するDXサービス「ラピルスDX」の開発・販売を行っており、ファンディーノでの資金調達によって新たな機能やサービスを追加する予定だ。目標募集額2610万円、上限応募額7800万円、投資金額と株数は15万円 (100株)、30万円 (200株)、45万円 (300株)の3コース。申込期間は6月3日〜7日、同社はエンジェル税制適用確認企業(タイプB)。

ラピルスDXは、紙の帳票をそのままPDF化し、ユーザーが任意の箇所に入力項目を設定できるようにすることで、幅広い業種、業務でペーパーレス化を実現できるサービス。現行の書類をPDF化して読み込むだけで書類をクラウド管理できる。書類をPDF変換するのも、紙の帳票であれば複合機やスキャナなどで読み込むだけでよく、エクセルやワードなどのデータであれば、そのままPDFに変換し、ラピルスDXにアップロードすることが可能。

手書きの帳票をデジタル化するDXサービス「ラピルスDX」

PDFをラピルスDXにアップロードした後に、記入したい箇所に入力エリアを設定。入力項目ごとに様々な入力形式が用意してあり、それらを必要に応じて選択し、マウスでドラッグ&ドロップするだけで簡単に設定ができる。入力エリアは場所も項目も自由に設定できるので、帳票の書式に制限がない。タブレットでの使用を推奨しており、デジタイザーペンがあれば、紙で書いていたように記入でき、さらに音声で入力も可能で、端末操作が苦手な人でも簡単に操作できるよう配慮されている。ペーパーレスツールは多数リリースされているが、いつどこで、誰が何を記録したのか自動的に取得できる点が特徴だ。

ラピルスDX導入のメリット

今年中に、ひな型をメールで送付する「オンラインサイン機能」、帳票に一定の法的有効性を担保する「タイムスタンプ付与機能」、記入内容を自動的にスプレッドシートに反映する「Googleスプレッドシート連携機能」、スマホ専用のUI/UXを設計した「スマートフォン専用ユーザーアカウント」などを追加予定。併せて、大手商社や複数の販売パートナーの協力で契約数の増加を目指す。

ラピルスDXの開発予定

将来は、世界中の数々のデータ分析AIプラットフォーマーとも協業を進め、データ取得から解析まで一貫したサービスの海外展開も計画している。KPIは2025年内に累計1.9万件以上のアカウント獲得を計画。将来のイグジットはバイアウトを目指す。

【関連サイト】株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」
【関連ページ】FUNDINNO(ファンディーノ)の評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定の企業・商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」