テクノロジーで誰もが美しく豊かなライフスタイルを。美容メディア運営ベンチャーがFUNDINNOで資金調達へ

月間約800万PV・500万UUの美容メディア「MIRA」135万回超の顔分析から生まれたAIフェイススキャン診断が“美”を加速

美容メディア「MIRA」を運営するKINDLER株式会社は、株式投資型クラウドファンディングプラットフォーム「FUNDINNO(ファンディーノ)」で7月31日から8月4日まで募集による投資申込を受け付ける。新株予約権型で目標募集額1503万円、上限応募額6012万円。投資は1口9万円で1人5口まで。案件名は「月間約800万PV・500万UUの美容メディア「MIRA」135万回超の顔分析から生まれたAIフェイススキャン診断が“美”を加速」。

同社は、創業期の2017年から美容プラットフォームの運用を視野に入れ、自社AI技術を活用してフェイススキャン診断を行なっている。美容カウンセラーの考えを可視化してAI化することで、美容カウンセリング時間の大幅な時間短縮を実現するとうたい、その人に合った美容商品を提案するアプリ「MIRA」をリリース。MIRAはアプリのほかウェブメディアとしても展開しており、これまで対面型でしか行えないとされてきた美容診断を、わずかな時間で行える独自のアルゴリズムを駆使。化粧品業界を主とする企業に商品連動型の広告枠も提供している。

今後は化粧品メーカーをはじめとした企業向けに自社商品に関する記事投稿や顧客分析機能等を有するSaaSシステム「MIRA LINK」をローンチし、コロナ禍で販売が落ち込む化粧品業界の接客DXに貢献していこうとしている。

さらに、ユーザー層拡大に向けてVライバーを活用したWeb接客を通じてZ世代のユーザーを獲得し、「Web3.0時代における美容商品流通の新たな潮流を作っていきたい」と意気込む。

2022年に新手法を用いたメディア認知拡大、Vライバーやインフルエンサーを活用してメディアの認知拡大に取り組む。23年にセルフ広告配信システムの機能拡充、24年にフェイススキャン診断アプリの悩みデータを分析して、化粧品の開発実施、25年にサブスクリプション、追加ロット販売・フェイススキャン診断API追加開発を計画。KPIでは、29年までに広告契約社数約600社を掲げる。

Vライバー

新株予約権者優待として、オリジナルポーチ、トートバッグ、マグカップを提供する。優待の基準日は毎年8月末日。

【関連サイト】株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」
【関連ページ】FUNDINNO(ファンディーノ)の評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定の企業・商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」