貸付投資Funds、エアークローゼット社と優待付き新ファンド組成へ

固定利回りの資産運用サービス「Funds(ファンズ)」を運営するファンズ株式会社は12月19日、月額制ファッションレンタルサービス「airCloset」を展開する株式会社エアークローゼットを借り手とする初回ファンドを近日公開すると発表した。同ファンドでは、一定の条件を満たした人全員に「Funds優待」として、airClosetの「レギュラープラン」の利用料金が2ヶ月間半額になるクーポンコードを進呈する。

エアークローゼット社はスタイリストが一人一人の顧客の好みに合わせた選定(パーソナルスタイリング)した洋服を配送・レンタルする個人向けサービスを提供するファッションテック企業。主力事業のairClosetは 非対面で顧客にパーソナルスタイリングを提供する事業として2015年にリリース。洋服を仕入れ、パーソナルスタイリングによって付加価値を高めて提供することで収益化を図っており、東証グロース市場に上場している。

Fundsの活用により、資金調達チャネルの多様化、投資家とのコミュニケーション強化を図ることを目的とする。投資家から集めた資金は一般事業資金として活用する予定。

Fundsは、個人が1円から上場企業などに間接的に貸出しができるオンラインプラットフォーム。値動きなく資産形成に取り組むことができ、1円単位での投資が可能、参加して資金調達を行う企業は当社の定めた財務状況や事業計画等についての審査を通過した企業に限定している。これまで上場企業を中心とした73社が組成する254のファンドを募集しており、分配遅延・貸し倒れは0件(22年11月末日現在)。

一部のファンドでは「Funds優待」として割引サービスや投資家限定の試食イベントに招待するなどの試みを行っている。こうした投資家との関係構築の取り組みを「FinCommunity Marketing(フィンコミュニティマーケティング)」として、個人投資家と企業が相互理解を深めていく場を創り出し、新しい価値に繋げるとしている。

12月21日からイークラウド株式会社を広告主とする「イークラウドエンジェル投資家デビュー応援ファンド#1」の募集を開始する。投資受付金額は1億円で、うち9000万円を抽選方式で募集している。集めた資金は ファンズ・マーケティング社が行う広告事業に利用する。予定利回り(年率・税引前)2%、予定運用期間は23年1月13日から3月31日までの約3ヶ月

【関連サイト】オンライン貸付ファンド「Funds」
【関連記事】Fundsの実績・運営企業
【関連記事】Fundsの評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチームは、ソーシャルレンディングや金融知識が豊富なメンバーがソーシャルレンディングの基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」