「溶けないアイス」を介護や地方創生にも。開発メーカーがFUNDINNOで二度目の資金調達へ

食品の保形性向上原料を製造・販売するFULLLIFE株式会社は、株式投資型クラウドファンディング(CF)サービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」で11月1日から6日まで募集による投資申込みの受付を実施する。目標募集額1700万円、上限応募額6500万円で、投資は1口10万円40株、50万円まで。特定投資家口座からの申込みは100万円400株~1千万円4000株を上限とする。同社はファンディーノでは2回目のCFで、2021年9月の初回募集は目標募集額2076万9千円に対し5429万6100円を調達、成約した。プロジェクト生名は「【第2回】常温でも約1時間溶けないアイスクリームの次は”溶けにくい氷”を開発!常温流通により冷凍コスト削減し販路を全国に拡大する『FULLLIFE』」。

同社が製造・販売する食品の保形性向上原料は「MIXREAM MIX(ミクスリーム ミックス)」。前回の募集時の名称「KANAZAWA MIX」から今春、変更した。この原料には、アイスクリームや生クリームなどクリーム類の離水を抑制して溶けにくくする機能と、気泡の弾力性を向上させて崩れにくくする機能があり、この特性により、アイスクリームや氷菓子の形状や食感に多様性を与え、商品により付加価値を加えることができるとしている。

溶けないアイスクリーム MIXREAM MIX(ミクスリーム ミックス)

21年度の売上高は計画比約106%となったが、計画値を上げた22年度は新型コロナウイルスの影響もあり、計画値の約32%と減少。

しかし、飲食店の営業再開で注文が増えつつあり、特に主力商品である飲食店向けのドリンク用ボールアイス「シーズニングシャーベット(22年4月から同社オリジナル商品として新発売)」は順調に出荷量を増やしているという。さらに、常温での流通も可能な溶けにくい氷製品「&(アンド)アイス」シリーズの開発に成功した。

溶けにくいアイスは、喉に付着しづらく飲み込みやすいことから、嚥下障害のある高齢者でも安心して食べることができるため、介護向け食品としての活用を想定。また、この原料を加えたアイスは、金型と食品用の塗料、それと専用のフードプリンターを活用することで、アイスを立体かつ様々なカラーにすることが可能になる。自由なデザインで成形できれば、日本各地でご当地アイスなどが創れ、地方創生にも貢献できるとアイディアを膨らませている。

今後は、テーマパークや大手コンビニチェーンなどでの販売、アイスだけでなく、ケーキやその他のスイーツにも活用を進め、事業の多角化を目指す。国内での販路を広げながら、アジア諸国に向けた海外展開も計画。28年にはオリジナルの「&アイス」の年間販売個数1265万個突破を目指す。

株主優待として、投資家に同社の製品を進呈する。

FULLLIFE株式会社の株主優待

【関連サイト】株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」
【関連ページ】FUNDINNO(ファンディーノ)の評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定の企業・商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」