東南アジア輸出本格化へ。計測器・測定器の2次流通マーケットプレイス「Ekuipp(エクイップ)」がFUNDINNOで2回目の挑戦

【第2回】東南アジア進出に向けて加速!日本のものづくりを支える工作機械・精密機器の2次流通市場を席巻するマーケットプレイス「Ekuipp」

株式会社日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディング(CF)サービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」で「【第2回】東南アジア進出に向けて加速!日本のものづくりを支える工作機械・精密機器の2次流通市場を席巻するマーケットプレイス『Ekuipp』」(申し込み期間7月11日~13日)の情報が公開された。株式発行者は、中古工作機械・精密機器の流通向けマーケットプレイス「エクイップ」を運営するEkuipp株式会社で、2020年11月に続く2回目の挑戦。目標募集額1008万円、上限応募額4032万円。応募金額は1口9万円、1人5口まで。

多くの製造業で使用されている工作機械や精密機器は、必需品でも使用頻度は多くなく、かつ計測器の正確性を保持させるためのチューニング業務を定期的に義務づけられており、そのための専門人材確保や業者選定などコストがかかる。にもかかわらず、メーカーカタログ記載の本体価格は数十万~数百万円と高額だ。加えて大型であることから「売却・廃棄したくても方法がわからない」「搬出費用が高額」「場所をとる」という課題があった。

計測器・測定器の2次流通マーケットプレイス「Ekuipp(エクイップ)」が解決する課題

エクイップは、商品の流動性を滞らせていた「価格」や「校正業務の煩わしさ」を解消し、さらに買取りからリサイクル、リユースの仕組みまでを構築したサービス。買い手企業は動作や精度が保証されているものを、新品よりも安く購入でき、売り手企業は従来の出品に伴う業者選定や書類作成などの煩雑なコミュニケーションが不要になり、最短3分で出品が可能だ。

マーケットプレイスの開発はシンガポール系企業のC2C PTE.LTD.が担い、カテゴリーを細分化して検索しやすくしたり、校正状況や使用履歴情報を商品と共に掲載するなど利便性の高い機能を提供。エクイップ社は値付けと校正業務、メンテナンスなどに経営資源を集中させている。2020年5月のリリースから出品商品点数は約3500点、登録企業数約300社、ファンディーノでの制約後も順調に規模拡大を続けている。

エクイップの実績

今後は取り扱い商品レンジの拡大を図り、工作機械や計測器・測定器に限らず、プレス機やローラー機などをはじめとした製造業が扱う商品すべてをアセットし、商品カテゴリーごとにSEO(検索エンジン最適化)を行っていく。さらに、東南アジア向けの中古品売買市場への参入も視野に入れている。マイルストーンでは2026年に売上高111億円以上を想定、同年のIPOを目指す。

【関連サイト】株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」
【関連ページ】FUNDINNO(ファンディーノ)の評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定の企業・商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」