オンラインスポーツレッスンの老舗アプリ開発企業がFUNDINNOで募集へ

新株予約権型 ソフトウェアサービス “累計生徒数5,600人突破”いつでも・どこでもプロのコーチから指導を受けられる、2014年開始の老舗オンラインレッスンアプリ「LessonNote」

株式投資型クラウドファンディング(CF)サービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」で11月28日募集を開始する新株予約権型の新規案件「“累計生徒数5,600人突破”いつでも・どこでもプロのコーチから指導を受けられる、2014年開始の老舗オンラインレッスンアプリ『LessonNote』」の情報が公開された。予約権を発行するのは、株式会社だんきち。2014年からスマートフォンのみを活用したマンツーマンのオンラインスポーツレッスンを提供するベンチャー企業で、ファンディーノでの目標募集額は2502万円、上限応募額9999万円。

投資は1口9万円~45万円、特定投資家口座からは90万円~450万円、900万円までの6コースで申込み可能。ただし、特定投資家口座からの申込みの上限は全体で7992万円。期限は12月4日。

同社はスマートフォンを活用したマンツーマンのオンラインスポーツレッスンを提供している。オンラインのダンスレッスン「スポとも」をはじめ、ゴルフ・野球・パーソナルトレーニングなど複数のスポーツに対応。「スマートフォン一つでどこからでもマンツーマンのオンラインレッスンが実施できる環境を構築している」と、同種のサービスの先駆けだとアピールする。今後は複数のサービスを一つのプラットフォーム「LessonNote(レッスンノート)」に集約していく。

オンラインスポーツレッスンアプリ「LessonNote(レッスンノート)」

LessonNoteには同社が直接運営するオンラインスクール、同社のシステムを他社が運営する委託タイプの2種類のサービスがある。今回調達する資金は、収益基盤であるダンスレッスン事業の拡大と、そのほかのジャンルへ横展開するための開発費に充てるとしている。ダンスレッスン事業では、解約率低減・顧客単価向上・集客チャネル強化を実現するため、カスタマーサクセス・ウェブマーケティング・営業の3部門の人員を強化。スポーツジャンルの横展開では水泳、テニス、ロードバイク、ボイストレーニングなどのオンラインレッスンも開始する計画で、パートナー企業の協力を得ながら専門のコーチや新規会員の確保を目指す。

今年に入り、ゴルフ直営オンラインレッスンを開始。株主でもある株式会社エイベックスの協力で、ダンス直営オンラインレッスンの拡大に注力している。売上計画は22年12月1.63億円の見通しで、28年にはオンラインレッスン累計ユーザー数3.6万人突破、売上規模27.35億円を目標とする。

ファンディーノでの新株予約権者優待として、同社のオンラインゴルフレッスンに新規申込みをすると、投資金額に応じて1ヶ月~3ヶ月まで利用料金を50%オフとする。

【関連サイト】株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」
【関連ページ】FUNDINNO(ファンディーノ)の評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定の企業・商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」