アプリ証券「CONNECT」、Pontaポイントで投資可能に。キャンペーンも実施

大和証券グループでアプリ証券サービス「CONNECT」を提供する株式会社CONNECTと、共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティングは10月17日、CONNECTでのひな株(単元未満株)、ひな株USA(米国株)の取引で「Pontaポイントがたまる、つかえるポイント投資サービス」を開始する。

対象商品はCONNECTの「ひな株(単元未満株式の店頭取引)」「ひな株USA(米国株式の店頭取引)」で、 買付約定額に応じてPontaポイントを貯め、1Pontaポイント=1円相当として利用できる。ポイントは1ポイント単位で利用が可能、現金との併用もできる(1ヶ月間の利用上限は3万ポイント)ため、少ないポイント数からでも投資に使うことができる。

ポイント加算は、ひな株は買付約定額の0.1%、ひな株USAは買付約定額の0.2%。利用対象の取引時間は、通常取引での買付(買付約定日の午後7時までポイント利用可能)、タイムセールでの買付(買付注文発注時にポイント利用可能)。サービス利用可能口座は特定口座、NISA口座。

両社は2020年7月からポイント運用サービス「StockPoint for CONNECT」を通じ、Pontaポイントを実在企業の株式に投資し、運用できる投資体験を提供してきた。新サービスの導入で、ポイントの利便性の向上や投資機会の提供を図っていく。なお、CONNECTでは株式会社NTTドコモとの提携で、今年4月から「dポイント」にも対応。共通ポイントサービスの選択肢を増やした。

利用するポイントサービスは、CONNECTアプリから会員ID連携手続きを行い、「つかう・たまるポイント」として選択する。

Pontaポイントによるサービス開始を記念し、キャンペーンを実施する。新規でCONNECTの口座を開設し、Ponta会員IDを連携すると、もれなく1000Pontaポイントをプレゼントする。終了時期は未定。 ポイントの加算は 参加条件を満たした翌月初旬を予定している。

【関連サイト】CONNECT
【関連記事】>CONNECTの評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」