SMBC日興証券、「日興イージートレード」の信用取引機能を改善

SMBC日興証券株式会社は5月14日、「日興イージートレード信用取引」の「建玉一覧画面」や返済、 現引、 現渡注文の発注方法などを改善した。併せて信用取引の「期日」の表記を「返済期限」に変更した。

建玉一覧画面では、同一の銘柄の保有建玉をまとめて表示できるようになり、画面上では、保有建玉を同一の銘柄・市場・売買の別・信用区分(制度信用・一般信用)・口座区分毎に「まとめて表示」、または建玉の明細毎に「個別表示」の2通りで確認できる。一目で銘柄毎の評価損益合計などが確認できる仕様だ。

ほかに①返済期日(強制決済する日)の表記を返済期限(顧客自身で返済可能な最終日)に変更②建玉合計に評価損益率を追加③銘柄検索機能を追加④ページのデザインを変更⑤信用建玉一覧の項目の並びを変更し、時価前日比、評価損益率を追加⑥損益の文字の色をプラス「赤文字」、マイナス「青文字」に変更――といった改善を行った。

返済・現引・現渡注文入力画面では、画面上で決済建玉・決済順序を設定することが可能となった。建玉をまとめて返済したい場合の「一括返済」と個別に指定して返済したい場合の「個別指定」を選択できる。建玉が返済・現引・現渡される順序は、「建日順」または「評価損益率順」から顧客が選択する。

返済・現引・現渡できる建玉は、注文入力画面を開いた時点で約定している建玉。注文入力画面を更新した際、返済(現引、現渡)できる建玉の数量に変更があった場合は、返済・現引・現渡可能数量に変更があった旨のワーニングメッセージを表示する。

これに伴い、日興イージートレード信用取引の「期日」の表記と定義を、返済期日(強制決済する日)から、顧客自身で返済可能な最終日の返済期限(返済期日の前営業日)に変更した。現在、 ダイレクトコースで日興イージートレード信用取引している顧客の信用取引建玉金額(期間平均)に応じて抽選で125名に現金をプレゼント。期間中に株式入庫すると抽選口数は2倍になるキャンペーンを6月30日まで実施中。

【関連サイト】SMBC日興証券のウェブサイトを見る
【関連記事】SMBC日興証券の評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」