楽天証券、「米株積立」最低投資金額を1万円から3千円に引下げ

楽天証券株式会社は、米国株式取引の積立サービス「米株積立」の最低投資金額を10月28日から現行の1万円から3千円に引き下げる。飲料大手企業の「コカ・コーラ(KO)」や、 資産形成を行う上で有効な金融商品の一つとされる米国ETFの中でも人気の高配当株式ETF「SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF(SPYD)」など、1株から設定できる銘柄の選択肢が広がる。

米株積立サービスは2021年12月末スタート。あらかじめ設定した株数または金額を上限として、毎週、または毎月、自動で米国株式を購入でき、ボーナス月増額設定も可能。対象銘柄は楽天証券が取り扱う米国株式の全銘柄(ADR、 ETF/ETNを含む)の約5100銘柄。対象口座は特定口座、一般口座、NISA口座。サービス利用料は無料だが、設定した積立注文が約定した場合は別途、米国株式取引手数料が発生する。

10月14日から、期間中に楽天証券で初めて「米株積立」取引をした人全員に、200ポイントをプレゼントするキャンペーンを実施中。200ポイントに加え、さらに抽選で40名に2千ポイントをプレゼントしており、 2万円以上(税込)の「米株積立」を約定した顧客は当選確率が2倍になる。エントリー期間は2023年1月13日午前10時まで。特典進呈時期は23年2月下旬の予定。

同社の米国株式関連のサービスでは、20年4月、 1つの画面で国内・米国株式の取引ができるスマートフォン向けトレーディングアプリ「iSPEED」を、 21年12月には「楽天ポイント」で米国株式が購入できる「ポイント投資」サービスの提供を開始。米株積立の最低投資金額を大幅に引き下げることで、「米国株式を活用した資産形成・投資を行える環境を提供する」としている。

【関連サイト】楽天証券
【関連記事】楽天証券の投資信託の評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」