楽天証券、7/9米国株式の信用取引サービス開始。月内は取引手数料無料

楽天証券株式会社は7月9日から米国株式における信用取引サービスを開始する。6月19日から信用取引口座開設の申込を受け付けており、9日午前8時から米国株式の注文が行えるようになる。信用取引口座の申込・開設は国内株式と同様に無料で、楽天証券の口座を持っていれば誰でも申し込み可能。取引手数料は約定代金の0.33%(税込)で、最低取引手数料は無料、上限取引手数料は16.5米ドル(税込)。

また、米国での金利動向は、日本よりも大きく変動する可能性があるため、買方金利には米国の市場動向を基にした変動金利を採用。変動金利は市場動向を見て同社が定め、 毎月の基準日時点で基準金利に変更があった場合、 ホームページで告知のうえ、 翌月から変更後の金利を適用する。

サービス開始を記念して7月29日現地約定分までの取引に関して、すべての顧客を対象に、米国株式信用取引の取引手数料無料キャンペーンを実施する。また、同月31日まで、0.75%金利引下げキャンペーン(年率4.5%での提供)を実施する。

米国株式の信用取引口座では、資金(委託保証金)の最大2倍の取引や、同一資金で同じ銘柄を1日に何度も取引することが可能。また、現物取引ではできない「売り」からの取引も可能(新規売建)で、相場の下落局面でも利益を得る機会を作れるほか、下落局面でのリスクヘッジにも利用できる。

米国株式の信用取引は、現物取引と同様に、パソコンだけでなく、スマートフォン向け株式トレーディングアプリ「iSPEED」でも可能。株価情報やチャートの閲覧から注文まで行えるほか、テクニカルチャートや描画機能も搭載、時間や場所を選ばず米国株式の投資戦略に活用できるとうたう。

パソコン向け株式トレーディングツール「MARKETSPEED II」では、リアルタイムで株価の上昇・下落を色の違いや濃淡で視覚的にとらえることができる「ヒートマップ機能」を今月下旬から追加する。β版を11日から一部の顧客に提供する予定で、米国株式の信用取引も可能だ。β版の利用については、別途、ホームページなどで告知する。

【関連サイト】楽天証券
【関連記事】楽天証券の投資信託の評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」