夫婦の共有家計簿・貯金アプリを「ミレニアム世代のベンチャーバンク」に。運営会社がFUNDINNOで6/30募集開始

〈累計調達額約2.6億円〉アプリ主要数値が前期比約200%以上成長!金融サービスを続々リリースで成長を加速させる、家族の金融マネジメントアプリ『OsidOri(オシドリ)』

夫婦の共有家計簿・貯金アプリ「OsidOri(オシドリ)」の開発・運営を行う株式会社OsidOriは、株式投資型クラウドファンディング(CF)サービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」で、募集による投資申し込みの受付を6月30日から7月4日まで実施する。新株予約権型で目標募集額1998万円、上限応募額7992万円。投資は1口9万円、1人5口まで。同社は2021年5月に続く資金調達で、前回は5787万を集め成約した。今回のプロジェクト名は「〈累計調達額約2.6億円〉アプリ主要数値が前期比約200%以上成長!金融サービスを続々リリースで成長を加速させる、家族の金融マネジメントアプリ『OsidOri(オシドリ)』」。

同社のオシドリは、夫婦共同で家計管理・貯金ができる「家族の金融マネジメントアプリ」として、特にミレニアル世代を中心とした夫婦・カップルのお金の共有・コミュニケーションを促進し、家計改善や将来へ向けた資産形成の支援を目的に開発された。夫婦のお金は家族ページで共有、個人のお金は個人ページでプライバシーをもって分担管理でき、家族のお金の共有・コミュニケーションがスムーズに進む設計になっている。また、銀行などの金融機関のデータをアプリに自動反映することで管理の手間を削減でき、資産形成の第一歩として家族貯金を始められるなど、家族のお金のマネジメントに役立つ機能を提供する。

前回の資金調達からの1年間でインストール数は前期比約2倍以上の30万件に伸張。アプリ機能・サービスの新規リリース(1年で20回超)でUI/UX(ユーザインタフェース設計)を向上させたことが奏功した。有料の「プレミアムプラン」は、既存の月間プランに加え、年額プランを21年12月にリリース。事業面では高単価化に繋げることができたという。同月に固定費(電気料金)をお得に見直すことができ、さらにプレミアムプランが1年間無料になる「OsidOri でんきの見直し』をリリース、課金率増加に寄与した。

今後は、「短期的な家計管理」だけにとどまらず、「中長期の家族の金融ソリューション」へ成長すべく、各種金融サービスとの連携を強化して、サービスから金融アクションを自動的にスムーズに行える仕組みを構築し、「金融サービス・金融マネジメントサービス×家族」の領域でトップサービスを目指す。

将来像は、短期の家計管理に止まらず、中長期の資産形成までのマネジメントを全て可能にする「家族のチャレンジャーバンク」。数値計画では、27年までに期末アクティブユーザー数200万人突破を目標に掲げている。

【関連サイト】株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」
【関連ページ】FUNDINNO(ファンディーノ)の評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定の企業・商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」