個人所有の遊休資産をシェアハウスに活用。運営ベンチャーがFUNDINNOでCFへ

【売上前年比約180%見込】自宅の空き部屋シェアハウス化サービスを展開中!熊本発・11都府県386部屋を運営する理念共感型シェアハウスひだまり

熊本県をはじめ全国11都府県で61棟386部屋のシェアハウスを運営するHidamari株式会社は、株式投資型クラウドファンディング(CF)サービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」で1月23日から29日まで募集による投資申込みの受付を実施する。プロジェクト名は「【売上前年比約180%見込】自宅の空き部屋シェアハウス化サービスを展開中!熊本発・11都府県386部屋を運営する理念共感型シェアハウスひだまり」。株予約権型で目標募集額657万円、上限応募額2628万円。

同社のシェアハウスは「自社借り上げ型」および「オーナー自主管理型」の2形態で運営されている。自社借り上げ型の物件は、部屋数の多い大規模タイプの物件を中心に、1棟あたりの収益性を高めるよう運営されている。一方、オーナー自主管理型の物件は、自宅の空き部屋などを貸し出す「シェアホスト型シェアハウス」という運営方式で、1棟あたりの部屋数が少ない小規模物件が中心となる。自宅の空き部屋を遊休資産として活用することから、物件オーナーは先行投資を最低限に抑え、低リスクで副収入を得ることができ、同社は物件の管理・メンテナンスコストが必要ないため、収益性を高められる。さらに、オーナーの人柄とこだわりが反映されたユニークな物件も、一般の賃貸にはない魅力。2022年5月~12月の平均入居率は約80%を実現している。

ほか、物件オーナーのメリットとしては、立ち上げのサポートと、相性を考慮した入居時審査がある、地方でも気軽に運営を始めることができる、自宅を貸し出す場合は、日常の手入れがメンテナンスや管理に繋がる、一人暮らしの孤独や不安を解消できる、空き家を有効活用することで社会貢献に繋がるなどが挙げられる。

入居者のメリットは、初期費用、家賃や光熱費を抑えられるのをはじめ、外国籍や高齢者も入居可能、半年~1年単位で短期間入居可能、共同生活で新たな知見や経験が得られる、シェアハウス運営をサポートする独自制度に参加することでさまざまな価値が得られる。入居の際は同社が事前に面談を行い、相性や適性を判断する。

事業の成長を目指すにあたり、今年は業務合理化のためのシステム開発に注力し、新規入居希望者とシェアホストの獲得、シェアホストのコミュニティ作りも進めていく。29年までにシェアハウス入居者数累計5000人突破を目指す。

申し込みは1口9万円、1人5口まで。特定投資家には90万円、180万円、270万円、360万円、450万円コースがある。

【関連サイト】株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」
【関連ページ】FUNDINNO(ファンディーノ)の評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定の企業・商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」