アマチュアスポーツを活性化させる「グリーンカードモデル」とは。メディア運営会社がFUNDINNOでCF

公立高校サッカー部が3,000万円超獲得!スポンサーを引き寄せるメディア運営術でアマチュアスポーツ界の収益構造改革「グリーンカードモデル」

株式投資型クラウドファンディング(CF)プラットフォーム「FUNDINNO(ファンディーノ)」で新株予約権型のプロジェクト「公立高校サッカー部が3000万円超獲得!スポンサーを引き寄せるメディア運営術でアマチュアスポーツ界の収益構造改革『グリーンカードモデル』」が11月3日、募集を開始する。目標募集額1503万円、上限応募額6012万円。資金調達を行う株式会社グリーンカードは2015年設立、福岡市が本社のコンテンツ制作・配信会社だ。アマチュアスポーツの活性化を目指す同社のビジネスモデルとCFの目的を見てみよう。

同社は、アマチュアスポーツ界が少子高齢化や子どものスポーツ離れなどで苦しい運営環境にあることを課題視し、広報や営業代行を担い、部費以外の収入源を確保することを支援する事業を展開している。

保護者の視点でチームのオフィシャルサイトを作成することからスタートし、チームの練習や試合情報を更新する情報ポータルサイトやライブ配信メディアをそれぞれ融合させることで、選手の保護者がファンとなり、これまでに各メディアに大量にアクセスすることが実証された。

さらに、地域企業やチーム関係事業者とスポンサー契約を結べることも同様に実証できているとしている。こうしたノウハウを「グリーンカードモデル」として仕組み化し、全国レベルのサッカー校などの活動費の獲得に貢献している。

将来は、バスケットや野球などのサッカー以外のスポーツにもグリーンカードモデルを展開。スポンサー候補企業に広告価値の高いチームを紹介する立場で効率的に事業運営を行っていく考え。同時に、選手の育成環境の充実だけでなく引退したアスリートのセカンドキャリアなどスポーツに携わってきた人たちの新たな雇用創出にも繋げたいとしている。29年には契約先スポンサーの年間獲得数約790社を計画する。

投資は1口9万円、1人5口まで。特定投資家口座からは90万円~900万円まで申し込み可能。

【関連サイト】株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」
【関連ページ】FUNDINNO(ファンディーノ)の評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定の企業・商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」