貸付型CFのFunvest、板橋区役所前の不動産案件11/4募集開始。キャンペーンも

Fintertech株式会社は貸付型クラウドファンディング「Funvest(ファンベスト)」で、新ファンド「Impression Ludens板橋区役所前プロジェクト2号」の募集を11月4日から開始する。想定利回り(税引前)年率3%、募集期限は11月21日。出資は10万円(10口)以上、500万円(500口)以下、先着順。出資額に応じて最大2万5000円分のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンを併せて実施する。

Impression社は、東京都の城南地区を中心とした新築ワンルームマンション開発を事業の基盤としている。 また、ワンルームマンションに特化したノウハウを集積しており、自社ブランド「Ludens(ルーデンス)」シリーズは、投資効率を追求したデザイナーズ一棟マンション。1棟総戸数は11~14戸程度、1部屋あたりの居室面積を20㎡程度に設定し、主に20代~40代の単身者の住居利用を意識した。

また、土地仕入れ・設計・建築・賃貸募集・物件管理・一棟販売までワンストップ(一括管理)体制で行うことができる組織体制を持つ。開発全体の工程をワンストップで進めることで、 中間コストの圧縮や工期の短縮に繋がるとしている。

ルーデンス板橋区役所前プロジェクトは、ルーデンスブランドの投資型コンパクトマンションの開発用地として2022年4月に板橋区仲宿の土地を取得。Impression社ではファンドの投資対象である貸付の資金を、本件開発用地上の建物の建築資金の一部として使用する計画。

貸付はFintertech社の自己資金によって22年9月に実行され、本件開発用地上に抵当権設定を行った。本件開発用地上には同プロジェクト1号(今年6月募集)の投資対象である貸付を担保する抵当権が設定されており、 両者の抵当権は同順位抵当権となっている。10月に建物建築に着手、23年4月~6月頃に竣工予定。さらに、竣工後に一棟投資物件として取得対象不動産と建物の売却活動を行う予定で、売却時期によっては貸付金の返済が当初想定より早まり(期限前弁済)、ファンドが早期償還となる可能性があるという。

Amazonギフト券プレゼントキャンペーンは、投資金額30万円以上50万円未満でギフト券500円分、50万円以上100万円未満で1000円分、500万円で最大金額2万5000円分をプレゼント。特典の送付時期は12月中を予定している。

【関連サイト】貸付型クラウドファンディング「Funvest(ファンベスト)」
【関連サイト】Fintertech株式会社

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定サービスの利用・投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチームは、ソーシャルレンディングや金融知識が豊富なメンバーがソーシャルレンディングの基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」