DMM.com証券、DMM株で米国株の取扱銘柄追加。DMM FX、外為ジャパンFXでスプレッド縮小キャンペーンも開催中

株式会社DMM.com証券は株式オンライントレード「DMM株」で10月20日の現地約定分から、米国株式の取扱銘柄を16銘柄(普通株式13銘柄、ADR3銘柄)追加する。同サービスは業界屈指の低コストをうたい、19年12月9日現地約定分から取引手数料を無料に変更しており、売買の際の取引手数料は一切かからない。取引はスマホアプリで行うことができ、今年4月28日からは米国株式を信用取引の担保(代用有価証券)として利用できるのが特徴。

今回追加される銘柄は、普通株式が「アラーム ドットコム ホールディングス」「アンバレラ」「デジタル タービン」「ビッグコマース ホールディングス」「クリオポート」「ダナオス」「ドロップボックス」「エッツィ」「ロケット カンパニーズ」「ラックスペース テクノロジー」「スター バルク キャリアーズ」「テラドック ヘルス」「アップワーク」、ADRは「クレディ スイス グループ」「サノフィ」「小鵬(Xペング)」。

また、「DMM FX」「外為ジャパンFX」で12月19日午後3時までスプレッド縮小キャンペーンを開催している。DMM FXは全20通貨ペア、外為ジャパンFXは全15通貨ペアが対象。低スプレッド提供とあわせて、口座開設や取引に応じた各種キャンペーン、取引毎にポイントが貯まり、換金可能な「取引応援ポイント」などの付加サービスを継続的に開催している。両サービスの合算口座数は2020年8月31日時点で80万口座超。

【関連サイト】DMM株
【関連サイト】DMM FX
【関連記事】DMM株の評判・口コミ
【関連記事】DMM FXの評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」