スマホ証券のCONNECT、米国株取引サービス「ひな株USA」開始。日中も取引可能に

大和証券グループの株式会社CONNECTは12月8日から外国株式などの国内店頭取引サービス「ひな株USA」の取扱いを開始する。日本時間の日中に米国株の取引ができる。同社はスマホ証券の中で唯一、NISA・つみたてNISAで取引可能で、今回新サービスの米国株もNISAに対応。証券会社で唯一、一つのスマホアプリで日本単元株、日本単元未満株、投資信託、米国株の主要な商品の取引ができ、かつ資産管理も行えるようになる。

ひな株USAは、米国の取引終了後の価格や為替で値段がきまり、原則、1日の取引時間中同一価格のため、ニュースなどを見ながら、将来値上がりしそうな銘柄への投資を落ち着いて検討できる。取引時間は日本時間の朝9時から夕方5時まで、通常の米国株の取引時間(日本時間の深夜)まで起きている必要もない。口座にある資金を外貨にする必要がないので、資金不足時も入金して即取引可能と、日本円で売買が完結する。

米国の証券取引所へ注文を取り次ぐ委託取引とは異なり、CONNECTが直接の相手方となって売買を成立させる相対取引(国内店頭取引)で、日本時間の午前9時~午後5時に米国株の取引が可能。また、注文受付後、リアルタイムに約定する。取引・手続きは同社アプリで直感的に操作できる。

銘柄は、日本でも有名な企業を中心とした50銘柄(うち10銘柄はETF)を厳選。アップル、エアビーアンドビー、アマゾンドットコム、コストコホールセール、ウォルトディズニー、メタプラットフォームズ(Facebook)、アルファベット(Google)、ジョンソンエンドジョンソン、モデルナ、マイクロソフト、ネットフリックス、ナイキ、スターバックスなど、日本でも認知度の高い企業の株が中心。ETFはインベスコ QQQ、GX NASDAQ100カバードコール、Direxion S&P500ブル3倍など。

初めて米国株を取引する人も、迷わずに、気軽に投資を始められるよう配慮した。

【関連サイト】CONNECT
【関連記事】>CONNECTの評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」