岡三オンライン証券の株式手数料は安い?他ネット証券と徹底比較

岡三オンライン証券は、高機能な取引ツールを利用しながら株式投資を行えるネット専業の証券会社です。定額制プランを利用することで1日の約定金額100万円までの取引を手数料無料で行えますが、1約定ごとのプランでは取引金額に応じて手数料が異なるため、他の主要ネット証券と比べて安いかどうかに注目している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、岡三オンライン証券を検討している方向けに、株式手数料について他ネット証券と徹底比較します。また、岡三オンライン証券の特徴や利用する際の注意点なども併せてご紹介するので、参考にしてみてください。

※本記事は2021年6月時点の情報をもとに執筆されています。最新の情報については、ご自身でもよくお調べの上、ご利用ください。

目次

  1. 岡三オンライン証券の特徴
    1-1.高機能な取引ツール
    1-2.取扱金融商品が豊富
    1-3.IPO申込時の事前入金は不要
  2. 岡三オンライン証券の株式手数料を他ネット証券と徹底比較
    2-1.SBI証券との比較
    2-2.楽天証券との比較
    2-3.松井証券との比較
    2-4.DMM.com証券との比較
  3. 岡三オンライン証券の注意点
    3-1.手数料プランは定期的に見直す
    3-2.外国株の取扱いが少ない
  4. まとめ

1 岡三オンライン証券の特徴

岡三オンライン証券は、歴史ある岡三証券グループの本格的なオンラインチャネルとして設立された証券会社です。代表的な取引ツールとして提供されているのが「岡三ネットトレーダー」シリーズで、中上級者からも高く評価されています。

岡三オンライン証券の特徴について詳しく見ていきましょう。

1-1 高機能な取引ツール

岡三ネットトレーダーでは、発注から分析までワンストップで操作可能な「岡三ネットトレーダープレミアム」や、日本株の発注機能に特化した「岡三ネットトレーダーライト」などを利用することができ、取引経験の豊富な中上級者の投資家からも高い評価を受けています。

また、FXに特化した「岡三オンラインFX WEB版」「ネットトレーダー365FX」などの取引ツールのほか、取引所CFDの「くりっく株365」に対応した分析ツール「e-profit株365」なども提供されており、取引する金融商品に合わせたツールの選択も可能です。

さらに、初心者に易しい取引ツールを完備している点も大きな特徴です。シンプルな操作性ながらも豊富な取引情報に対応した取引ツール「岡三ネットトレーダーWEB2」、初心者でも手軽に取引できる「岡三かんたん発注」などのスマホアプリは投資経験の少ないトレーダーでも使いやすくなっています。

このように、岡三オンライン証券では高機能を求める上級者から簡単な操作性を求める初心者まで幅広いニーズに応えた取引ツールが提供されており、投資家の求める機能に合わせて最適な取引ツールを選べます。

1-2 取扱金融商品が豊富

岡三オンライン証券では様々な金融商品を取り扱っており、投資家のニーズに合わせた商品選択が可能な点も特徴の一つです。国内株式をはじめ、中国株、投資信託、取引所FX、店頭FX、先物・オプション、CFDなどのラインナップが揃っており、好みの取引ツールと組み合わせた取引も可能となっています。

1-3 IPO申込時の事前入金は不要

IPO申込時に事前入金が不要なのも岡三オンライン証券の特徴です。多くの証券会社では、IPO株を申込む際に当選した株式を購入できるだけの資金を証券口座に準備しておかなければなりません。

一方、岡三オンライン証券では、取引実績などに関係なく全ての投資家に平等に当選チャンスのある完全抽選方式も採用されており、申込時点で資金が不要なため、資金拘束されることなく、数多くのIPO抽選に参加することが可能です。

また、岡三オンライン証券は2017年以降順調にIPO実績を積み重ねており、2020年はネット証券トップのSBI証券や2位のマネックス証券に次ぐ39件の取扱実績があります。

2 岡三オンライン証券の株式手数料を他ネット証券と徹底比較

以下は岡三オンライン証券と、ネット証券業界でも株式手数料が安いとされる主要4社の株式手数料を比較した表です。

1約定ごとのプラン 岡三オンライン証券 SBI証券 楽天証券 松井証券 DMM.com証券
5万円まで 108円 55円 55円 0円 55円
10万円まで 99円 99円 88円
20万円まで 220円 115円 115円 106円
50万円まで 385円 275円 275円 198円
100万円まで 660円 535円 535円 1,100円 374円
150万円まで 1,100円 640円 640円 2,200円 440円
200万円まで 1,650円 1,013円 1,013円 660円
300万円まで 3,300円
3,000万円まで 300万円超は100万円増加ごとに330円ずつ加算(上限3,300円) 200万円超は100万円増加ごとに1,100円ずつ加算 880円
3,000万円以上 1,070円 1,070円
定額プラン 1日100万円までは無料で200万円までは1,430円。以降100万円増加ごとに550円ずつ加算。 1日100万円までは無料で200万円までは1,278円。以降100万円増加ごとに440円ずつ加算。 1日100万円までは無料で200万円までは2,200円。以降100万円増加ごとに1,100円ずつ加算 なし なし

※全て税込表記です

岡三オンライン証券の国内現物株手数料は、「ワンショット」と「定額プラン」の料金体系があります。「ワンショット」とは、1注文の約定金額ごとに手数料を計算する方式です。例えば、同じ日にA社株5万円とB社株15万円を購入した場合でも、手数料はA社株5万円の約定に対して108円、B社株15万円の約定に対して220円という1注文ごとの計算になります。

一方、「定額プラン」とは、1日の約定合計金額に対して手数料を計算する方式です。岡三オンライン証券の定額プランでは、1日の約定合計金額が100万円まで手数料無料となっているため、上記のA社株5万円とB社株15万円を購入した例では、1日の約定合計金額が20万円となるので、手数料はゼロ円です。

また、岡三オンライン証券では株式手数料が安くなるキャンペーンを実施中です。口座開設月を含めた最大3か月間、国内株現物および信用取引の取引手数料が全額キャッシュバックされるキャンペーンと、25歳以下の場合は国内現物株の取引手数料がキャッシュバックされるキャンペーンです(2021年6月10日時点)。

上記キャンペーンは口座開設後の一定期間や年齢制限といった条件が定められているものの、利用条件に該当する場合、さらに安く取引することができます。

2-1 SBI証券との比較

SBI証券も岡三オンライン証券と同様に1約定制および定額制の手数料体系です。1約定あたりの手数料は岡三オンライン証券よりわずかに安く、定額制の「アクティブプラン」は1日合計100万円までの現物株取引手数料が無料である上、100万円を超えた手数料は岡三オンライン証券よりも安い水準です。

また、SBI証券も岡三オンライン証券と同様のキャンペーンを実施中です。新規口座開設後の最大3か月間の国内現物株取引手数料と、25歳以下の方の国内現物株取引手数料がキャッシュバックされます(2021年6月10日時点)。なお、SBI証券の新規口座開設のキャッシュバックキャンペーンは、口座開設後にエントリーが必要になります。

2-2 楽天証券との比較

楽天証券も1約定制と定額制の手数料体系を採用しています。1約定あたりの手数料はSBI証券とほぼ同じ料金体系で、岡三オンライン証券よりも少し安い水準です。

定額制の「いちにち定額コース」は1日合計100万円まで無料となっていますが、100万円超では岡三オンライン証券よりも高くなっています。

200万円までの手数料は岡三オンライン証券が1,430円、楽天証券が2,200円となっており、以降100万円増加ごとに岡三オンライン証券は550円、楽天証券は1,100円ずつ加算されるため、取引金額が大きくなるほど、楽天証券のほうが割高となっています。

また、楽天証券でも口座開設後の最大3か月間の国内現物株取引手数料がキャッシュバックされるキャンペーンを実施しています。こちらも口座開設後のエントリーが必要となり、定額制のプランを選択している場合には適用されないので、注意が必要です。

2-3 松井証券との比較

松井証券は他社とは異なる「ボックスレート」という手数料体系を採用しています。「ボックスレート」では、1日の約定代金の合計によって手数料が決まるため、他社の定額プランと同様の手数料体系です。

1日の約定代金が50万円以下の場合、手数料無料ですが、それ以上の約定金額になると岡三オンライン証券の「定額プラン」よりも手数料が高くなります。しかし、25歳以下の方は常に50万円超の取引でも手数料無料となるため、条件に該当する方は手数料無料での取引も可能です。

また、松井証券では、「ご家族・ご友人紹介プログラム」というキャンペーンを実施しています。紹介した人は口座開設者一人につき1万円、紹介を受けて口座を開設した人は5千円まで株式取引手数がキャッシュバックされるプログラムです。ただし、期間は2021年6月18日までとなっています。

2-4 DMM.com証券との比較

DMM.com証券は他の4社と比較しても1約定あたりの手数料が最安水準です。しかし、定額プランが設けられていないため、1日100万円までで取引する場合、岡三オンライン証券のほうが安く済みます。

DMM.com証券も2021年4月30日から25歳以下の方の国内現物株取引手数料キャッシュバックキャンペーンを実施しており、対象となる方は実質手数料無料で取引が可能です。また、新規口座開設後に1か月間、国内現物株取引手数料が無料になるキャンペーンも実施されています(2021年6月10日時点)。

このように、岡三オンライン証券は「定額プラン」で100万円までの取引手数料が無料のため、他社と比較して最安水準での取引が可能です。しかし、1日の約定金額が100万円を超える場合、手数料の差が顕著になってくるため、取引回数や金額に応じたシミュレーションによって手数料の安い証券会社を選ぶのがポイントです。

3 岡三オンライン証券の注意点

岡三オンライン証券を利用する上での注意したい点は以下の通りです。

3-1 手数料プランは定期的に見直す

岡三オンライン証券の「定額プラン」は、1日の約定合計金額が100万円までの場合、手数料無料です。しかし、順調に成果を得ながら投資を続ける場合、1日の約定合計金額が100万円を超えるケースも出てくるため、このようなケースでは手数料プランを定期的に見直す必要があります。

1日の約定金額が100万円を超える場合、取引金額や約定回数によってどちらのプランが有利になるかはケースバイケースです。そのため、各自の取引状況に応じて手数料の安いプランを判断する必要があります。

なお、口座開設時の初期設定は「定額プラン」となっているので、「ワンショット」に変更したい時は、手数料プランの変更手続きが必要です。

3-2 外国株の取扱いが少ない

岡三オンライン証券で扱っている外国株取引は中国株のみです。そのため、米国株やシンガポール株なども扱っているSBI証券や楽天証券などと比べて、外国株投資の選択肢が少なくなっています。

また、中国株の発注や為替交換はコールセンターのみの受付となっているため、他のネット証券と比較してやや高めの手数料設定となっています。

まとめ

岡三オンライン証券は「定額プラン」で1日の約定合計が100万円までの取引は手数料無料となるため、他社と比較しても最安水準の取引が可能です。他の定額制を採用している証券会社と併用することで、さらに手数料負担を抑えることも可能なため、国内現物株の取引を目的とする投資家に向いた証券会社となっています。

関心のある方は、手数料体系や取扱金融商品をよく確認した上で、検討を進めてみてください。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」