無料で使いやすい株取引ツールを提供しているネット証券会社は?4社の比較表も

株式取引で証券会社を選ぶときには、取引ツールの機能や操作性なども重要なポイントの1つです。各証券会社には、表示できるテクニカル指標が多いもの、チャートが見やすいものなど多彩なツールがあります。

この記事では、使いやすさや機能性の高さに定評のある株取引ツールを4つ紹介します。自分がどの機能を重視するかも考えながら、参考にしてみてください。

※2021年11月時点の情報をもとに執筆しています。最新の情報は、ご自身でもご確認をお願い致します。

目次

  1. SBI証券「HYPER SBI」
  2. 楽天証券「MARKET SPEED Ⅱ」
  3. 松井証券「ネットストック・ハイスピード」
  4. 岡三オンライン「ネットトレーダー プレミアム」
  5. 取引ツールの比較表
  6. まとめ

1 SBI証券「HYPER SBI」

料金 無料
テクニカル表示 74
数価設定 ほぼすべてのテクニカルで設定可能
比較 最大3銘柄まで(銘柄・指標・為替)
チャート種類 12種類
チャート種類の詳細 Tick、ローソク足、価格帯別出来高、P&F、新値三本足、Kagi、Renko、Swing、Candle Volume、Equi Volume、逆時計曲線、平均足
描画ツールの種類 37種類
その他の株取引ツール
株取引用スマホアプリ ・SBI証券 株アプリ
・国内株式向け スマートフォンサイト

「HYPER SBI」の特徴は、まず表示できるテクニカル指標が計74種類と多いことです。下記はそのうち一部です。

  • トレンド指標:CCI、MACD、モメンタム、ソナーなど
  • 変動性指標:乖離度、ADX、DMI、LRS、RSI、ストキャスティクスなど
  • 出来高指標:出来高移動平均、CO、EMV、MFI、PVIなど
  • その他指標:サイコロジカルライン、ASI、Binary Wave、APOなど

チャートで分析線を描くツールも多彩で、全体的に分析機能が優れています。独自の手法を編み出したいときにも便利です。

2 楽天証券「MARKET SPEEDⅡ」

料金 無料
テクニカル表示 54種類
数価設定 ほぼすべてのテクニカルで設定可能
比較 最大4銘柄まで(銘柄・指標)
チャート種類 6種類
チャート種類の詳細 ローソク足、平均足、P&F、新値足、カギ足、逆ウォッチ曲線
描画ツールの種類 5種類
その他の株取引ツール ・MARKET SPEED II RSS
・MARKET SPEED
・MARKET SPEED for Mac
・楽天MT4
株取引用スマホアプリ ・iSPEED
・iSPEED for iPad

MARKET SPEEDⅡの大きな特徴として、事前に登録した条件に合致したとき自動で発注ができる「アルゴ注文」があります。具体的には下記5種類の注文方法です。

  • アイスバーグ注文:1つの注文を小分けにして少しずつ出す
  • スナイパー注文:指定した価格の気配が表示された瞬間に発注
  • トレイリング注文:逆指値注文を設定しつつ、株価が自分に有利な方向に動いた場合は逆指値価格を自動で修正
  • リザーブ注文:日時や株価を指定して発注
  • リンク注文:最大10個の注文を連続して登録

事前にアルゴ注文を設定しておけば、日中忙しくて画面を見ていられない人も、取引チャンスを逃すことなく発注できます。

また閲覧できる投資情報について「日経テレコン21」に対応しているのも特徴です。日経新聞の朝刊・夕刊の記事(楽天証券版)を無料で読むことができます。

3 松井証券「ネットストック・ハイスピード」

料金 無料
テクニカル表示 32種類
数価設定 ほぼすべてのテクニカルで設定可能
比較 最大5銘柄まで
チャート種類 12種類
チャート種類の詳細 ローソク足(通常・変形)、バーチャート(4本値・高安終)、ライン、ローソクボリューム・エクイボリューム、ポイント&フィギュア・カギ足、練行足、新値足、逆ウォッチ曲線
描画ツールの種類 26種類
その他の株取引ツール ・株価ボード
・お客様サイト
株取引用スマホアプリ ・松井証券 株アプリ
・株touch

「ネットストック・ハイスピード」は、「プロのディーラーと同等の環境を提供」をコンセプトにしており、専業トレーダーも利用できる本格的なツールです。最短1分で注文でき、画面のカスタマイズ性も高くなっています。

初心者の方に適しているのは「株式Trading Center」で、株価ボードや注文・照会など必要な要素がセットになっている画面です。画面の組み合わせ方が分からなくても簡単に利用できるので、この機能を足掛かりにして自分のトレーディング環境を構築するのも良いでしょう。

4 岡三オンライン「ネットトレーダー プレミアム」

料金 無料
テクニカル表示 21種類
数価設定 ほぼすべてのテクニカルで設定可能、売買サインの表示も可能
比較 最大4銘柄まで(銘柄・指標・為替)
チャート種類 5
チャート種類の詳細 Tick、ローソク足、P&F、新値足、逆ウォッチ曲線
描画ツールの種類 9種類
その他の株取引ツールツール ・岡三ネットトレーダーライト
・岡三ネットトレーダーWEB2
・岡三かんたん発注
・岡三RSS
株取引用スマホアプリ ・岡三ネットトレーダースマホ
・岡三カブスマホ

「ネットトレーダー プレミアム」は岡三オンラインの株取引の最上級ツールです。閲覧できる情報が豊富で、日欧米の主要な株価指数に加え、「ムンバイ指数」など海外のややマイナーな情報も配信されています。またランキング機能も46種類あり、「5分間株価急騰ランキング」などデイトレードに適したランキングも用意されています。

バックテスト機能が備わっているのも特徴で、過去のデータを活用してトレード戦略を立てることができます。自分なりの売買ルールを確立するのにも役立つツールです。

岡三オンラインはその他にも数多くのツールがあり、初級者向けの「かんたん発注」、中級者向けの「ライト」「WEB2」など、習熟度に合わせてツールを選べるのもメリットです。

5 取引ツールの比較表

各社のツールの機能の比較表です。

比較項目 SBI証券
「HYPER SBI
楽天証券
「MARKET SPEED Ⅱ」
松井証券
「ネットストック・ハイスピード」
岡三オンライン
「ネットトレーダー プレミアム」
料金 無料 無料 無料 無料
テクニカル表示 74 54種類 32種類 21種類
数価設定 ほぼすべてのテクニカルで設定可能 ほぼすべてのテクニカルで設定可能 ほぼすべてのテクニカルで設定可能 ほぼすべてのテクニカルで設定可能、売買サインの表示も可能
比較 最大3銘柄まで(銘柄・指標・為替) 最大4銘柄まで(銘柄・指標) 最大5銘柄まで 最大4銘柄まで(銘柄・指標・為替)
チャート種類 12種類 6種類 12種類 5種類
チャート種類の詳細 Tick、ローソク足、価格帯別出来高、P&F、新値三本足、Kagi、Renko、Swing、Candle Volume、Equi Volume、逆時計曲線、平均足 ローソク足、平均足、P&F、新値足、カギ足、逆ウォッチ曲線 ローソク足(通常・変形)、バーチャート(4本値・高安終)、ライン、ローソクボリューム・エクイボリューム、ポイント&フィギュア・カギ足、練行足、新値足、逆ウォッチ曲線 Tick、ローソク足、P&F、新値足、逆ウォッチ曲線
描画ツールの種類 37種類 5種類 26種類 9種類
その他の株取引ツール ・MARKET SPEED II RSS ・株価ボード ・岡三ネットトレーダーライト
・岡三ネットトレーダーWEB2
・岡三かんたん発注
・岡三RSS
株取引用スマホアプリ ・SBI証券 株アプリ ・MARKET SPEED ・お客様サイト ・岡三ネットトレーダースマホ
・岡三カブスマホ

まとめ

株トレードで評価の高い取引ツールを5つ紹介しました。プロも使える本格的なツールもありますが、利用料は無料となっているケースが多くなっています。ツールごとに注文機能、チャート機能などに違いがあるので、自分の取引に適したツールを見つけてみてください。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」