クラウドポート、明豊エンタープライズと業務提携。Fundsで新ファンド提供開始へ

オンライン貸付ファンドの「FUNDS(ファンズ)」を運営する株式会社クラウドポートは4日、不動産大手の株式会社明豊エンタープライズと業務提携契約を2月28日付で締結したと発表した。東証JASDAQ企業の明豊エンタープライズ社との提携により、Funds上で3月下旬以降の初回ファンドの提供に向け準備する。

明豊エンタープライズ社は創業51年目の総合不動産デベロッパー。スペインのアンダルシア地方にある白い村ミハスをモチーフとした「MIJAS(ミハス)」をはじめ、EL FARO(エルファーロ)、不動産の共同オーナーになることができるM-Lotsなど 500万円~5億円の価格帯で多様な不動産ブランドを展開している。また、「不動産オーナーとの一生涯の関係を築きたい」という理念を掲げ、入居後の物件の定期点検やリフォームなどのきめ細やかなサービスを提供している。

Fundsは、クラウドポートが定める選定基準をクリアした上場企業などが、自社グループの事業に必要な資金を調達する目的で貸付ファンドを組成し、それに対して個人が1円から出資し分配金を得ることができる国内初のサービス。上場企業、監査法人と監査契約を締結している企業、ベンチャーキャピタルからの出資を受けているベンチャー企業が対象となる。募集を行うファンドには、アイフル株式会社、東証二部上場の株式会社デュアルタップ、LENDY株式会社が参加している。

今回の提携により、明豊エンタープライズが展開する不動産ブランドに関連する投資に1円から取り組める画期的な機会を実現する。

【関連サイト】オンライン貸付ファンド「Funds」
【関連サイト】明豊エンタープライズ
【関連記事】Fundsの評判・特徴

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチームは、ソーシャルレンディングや金融知識が豊富なメンバーがソーシャルレンディングの基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」