ソーシャルレンディング大手2社がTVCM放映開始!気になる内容と今後の見通し

9月にクラウドクレジット、10月からはSBIソーシャルレンディングと、ソーシャルレンディングの運営会社2社がこの度、テレビCMの放送を開始しました。

今回は、テレビCMの内容や狙いなどを中心にSBIソーシャルレンディング社へのヒアリングや、クラウドクレジット社の発表資料などから考えていきたいと思います。

  1. クラウドクレジットが業界初のテレビCM放送を実施
    1-1.CMは社会インパクト投資を前面に打ち出した内容
    1-2.会員登録数は10月に3万人を突破
  2. SBIソーシャルレンディングもBSでテレビCM放送を開始
    2-1.BSフジの番組内でテレビCMを放送中
    2-2.「ソシャレン」の定着を図れるか
  3. まとめ

1 クラウドクレジットが業界初のテレビCM放送を実施

9月の22日から30日にかけ、クラウドクレジットは中京圏で同社初のテレビCMの放送を行いました。また、このテレビCMはソーシャルレンディング業界の中でも初の放送ということになります。

1-1 CMは社会インパクト投資を前面に打ち出した内容

クラウドクレジットはテレビCMについて、9月22日にリリースを出していますが、CMの内容は『社会インパクト投資』を前面に打ち出したものとなっています。

同社は海外の発展途上国への事業を中心とした案件を投資家に提供してきました。その内容をテレビCMにも盛り込み、途上国への社会貢献ができる投資手法として、ソーシャルレンディングを大きくアピールしています。クラウドクレジットという名前を打ち出すのはもちろんですが、それ以上に発展途上国に対してできること、投資としても利益が得られるという内容を盛り込んでいます。

クラウドクレジットのテレビCM

また、前述のリリースによれば、放送の意図として「今後も積極的に当該分野(成長期待国への投資型クラウドファンディング)の拡大を目指す過程で、より多くの方にクラウドクレジットを知っていただきたい」という狙いを掲げています。

1-2 会員登録数は10月に3万人を突破

このCM放送後の10月16日にクラウドクレジットの累計ユーザー登録数が3万人を突破したというリリースが出ていることや、限定的とは言え広告コストが大きい地上波でのテレビCMを放映できたということなどから、同社が堅調な成長を続けていることや大きな資本力(資本調達力)があることが伺えます。

2 SBIソーシャルレンディングもBSでテレビCM放送を開始

10月25日からは、業界大手のSBIソーシャルレンディングもテレビCMの放送を開始しました。

こちらは地上波ではなく、全国で視聴できるBS放送でテレビCMを投下しています。SBIソーシャルレンディングではどのような意図を持って、テレビCMを開始したのでしょうか。

2-1 BSフジの番組内でテレビCMを放送中

11月現在、SBIソーシャルレンディングのテレビCMが放送されている番組は、「BSフジ この国の行く末2~テクノロジーの進化とオープンイノベーション~」です。

同社のテレビCMの内容を見ると、二つのパターンに分かれています。

一つは同社の運営する『かけはし』という投資ファンドをもとに、投資したお金が街の開発やソーラー発電事業の開拓など、日本の誰かの役に立っていることをPRする内容。

もう一つは『ソシャレン』というキーワードを前面に打ち出し、同名の投資手法があることを広く伝えるものになっています。

※30秒バージョンのCMは、SBIソーシャルレンディングのサイト内から視聴可能

同社ではテレビCM放送の狙いとして、WEBだけでは接触が難しい顧客を新規投資家として取り込みたいとしています。

ソーシャルレンディングは、市場規模が毎年順調に成長していますが、株やFX、不動産投資などと比べると、まだまだ認知度が低い投資手法です。ソーシャルレンディングという長い言葉で覚えてもらうのではなく、言いやすい略称として「ソシャレン」を積極的に用いることで、視聴者に強い印象を与える意図があります。

さらには、「ソシャレン」という略称を使ってソーシャルレンディング投資を身近なものにし、世間一般に「ソシャレン投資」を提起しているのです。

2-2 「ソシャレン」の定着を図れるか

一方、こちらのテレビCMは10月25日から放送開始されたばかりであり、SBIソーシャルレンディングにメールでヒアリングをしたところ「まだ効果測定はできていない」とのこと。

SBIソーシャルレンディングはこれまで非常に順調な成長を遂げてきており、単期での黒字化も達成しています。累計赤字こそ解消されていませんが、資金的にもやや余裕が出てきたという状況だと考えられます。

今後もBS放送で継続的にテレビCMを流すことで、今回のCMの狙いである『ソシャレン』というキーワードの定着を図ることができるかもしれません。

また、SBIソーシャルレンディングでは、2019年3月までに投資家登録数3万人を目標として据えています。その目標達成の手段として、テレビCMがどの程度の効果を出すのか、ぜひ注視していきたいところです。

まとめ

ソーシャルレンディング投資はまだまだ認知度が低く、現時点では順調に成長しているものの、今後は投資家数や募集金額も頭打ちの傾向が見えてくるかもしれません。

しかし、今回の2社のように、ある程度資本力があり、規模の大きなソーシャルレンディング会社が積極的にテレビCMを打っていけば、ソーシャルレンディング業界全体の知名度が上がる効果も期待できます。テレビCMをきっかけとして、一般人にもっとソーシャルレンディング投資が浸透していく可能性は大いにあります。

投資家としてはソーシャルレンディング業界の健全な成長のためには、テレビCMを利用したメジャー路線への進出は大いに望むところと言えるでしょう。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチームは、ソーシャルレンディングや金融知識が豊富なメンバーがソーシャルレンディングの基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」