GincoがLongHashとICカード型ハードウェアウォレット「Kinco」を開発、2019年にも発売予定

仮想通貨ウォレットアプリGincoを提供する株式会社Ginco(以下、Ginco)は11月13日、ブロックチェーン関連事業を手掛けるLongHash社と提携し、ICカード型のハードウェアウォレット「Kinco」を開発したことを発表した。

今回開発されたKincoでは、ハードウェアウォレットに付属するICチップ内で秘密鍵の暗号化までを行うため、オンライン接続時の秘密鍵流出リスクを回避できる。Kinco内の資産の確認や移動の際には、ウォレットアプリGincoを利用する。その際にはパスワードではなく、指紋による生体認証によってデータを共有できるため、パスワード入力を他人に傍受されて悪用されるケースもなくなる。従来のハードウェアウォレットでは、秘密鍵の暗号化をオンラインで行っていたために、オンライン接続時に秘密鍵が漏洩する恐れがあった。

国内外の仮想通貨取引所をターゲットとした仮想通貨の流出事件がこれまで発生しており、個人で安全に仮想通貨を管理できるウォレットの需要が高まっている。仮想通貨の盗難リスクを軽減するためには、資産に紐づいた秘密鍵をハードウェアウォレットで管理する必要がある。そうした需要に応えるべく開発されたKincoは2019年上半期にも販売される予定だ。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」