SBIネオトレード証券、2021年8月のキャンペーン情報まとめ

働く世代の投資熱が高まるなか、証券各社は新規顧客を獲得すべく、独自のキャンペーンを打ち出しています。中でも手数料の安さに強みを持つSBIネオトレード証券(旧ライブスター証券)では、制度信用買方金利および一般信用買方金利を引き下げるキャンペーンを実施しているため、信用取引を行いやすくなっています。

この記事では、2021年8月中に実際されているSBIネオトレード証券のキャンペーン情報について詳しくご紹介します。信用取引を検討している方、SBIネオトレード証券の口座開設を検討している方は、参考にしてみてください。

※この記事は2021年8月13日時点の情報に基づき執筆しています。最新情報はご自身にてご確認頂きますようお願い致します。

目次

  1. SBIネオトレード証券のキャンペーンとは
    1-1.特典がある
    1-2.適用期間がある
  2. SBIネオトレード証券で実施されているキャンペーン
    2-1.信用金利優遇キャンペーン
  3. SBIネオトレード証券のキャンペーンにエントリーする方法
    3-1.証券総合口座の開設
    3-2.信用取引口座の開設
    3-3.証券口座に入金
  4. まとめ

1 SBIネオトレード証券のキャンペーンとは

SBIネオトレード証券では、売買手数料や金利が安くなるキャンペーンを定期的に実施しています。キャンペーンの特典内容はそれぞれ異なりますが、概ね以下のような特徴があります。

1-1 特典がある

SBIネオトレード証券のキャンペーンでは、一定の条件を満たすことで、取引手数料の無料化や信用金利の優遇などの特典を受け取れます。

取引手数料の無料化キャンペーンは、株式の現物取引や先物およびオプション取引にかかる手数料を無料にする内容です。過去には、証券総合口座や先物オプション取引口座を新規に開設することで、40営業日である2ヶ月間、取引手数料が無料になるキャンペーンが実施されていました。キャンペーンの詳細は以下の通りです。

キャンペーン期間 2020年10月1日~2020年12月31日
キャンペーン特典 取引にかかる手数料が40営業日(2ヶ月間)無料
対象となる取引 ・現物取引
・日経225先物取引
・日経225mini
・日経225オプション取引

通常、現物取引の手数料は、1注文ごとの約定代金に対して最低50円から最大880円かかります。また、先物オプション取引の手数料は、1枚あたり日経225先物で210円、日経225miniで36.3円、日経225オプションで110円から約定代金に0.154%を乗じた金額がかかります。

このキャンペーンでは取引手数料が2ヶ月間無料なので、通常よりもコストを大幅に抑えた取引が可能となっていました。

一方、信用金利の優遇キャンペーンは、信用取引における買方金利を引き下げる内容となっています。無条件で受けられる場合が多いので、手軽に制度信用取引および一般信用取引の買方金利を引き下げることが可能です。過去の信用金利の優遇キャンペーンには、次のようなものがありました。

キャンペーン期間 2021年1月4日~20201年6月30日
キャンペーン特典 条件なしで制度信用取引の買方金利を1.80%に優遇
条件なしで一般信用取引の買方金利を1.97%に優遇
対象となる取引 信用取引(制度・一般の両方)

SBIネオトレード証券における通常の買方金利は、制度信用取引で2.3%、一般信用取引で2.75%です。適用条件は特に無いため、全ての利用者が金利優遇を受けられるキャンペーンとなっていました。

1-2 適用期間がある

SBIネオトレード証券で実施されているキャンペーンは期間が定められています。多くの場合、3ヶ月または6ヶ月を適用期間として定めており、適用期間を過ぎると条件を満たしていても、特典を受け取れません。そのため、キャンペーンの特典を受け取るには、現在の日付がキャンペーンの期間内であるかどうかを事前に確認しておく必要があります。

2 SBIネオトレード証券で実施されているキャンペーン

SBIネオトレード証券で2021年8月中に実施されているキャンペーンには、証券会社独自のキャンペーンと、他社サービスとのコラボキャンペーンがあります。以下、詳しく確認してみましょう。

2-1 信用金利優遇キャンペーン

信用金利優遇キャンペーンとは、一定の条件を満たすことで信用取引の買方金利が優遇されるSBIネオトレード証券独自のキャンペーンです。

キャンペーン期間 2021年7月1日~2021年9月30日
キャンペーン特典 制度信用買方金利および一般信用買方金利の引き下げ
適用条件 入金額と入庫額の合計額が一定水準を満たすこと

キャンペーン特典は信用取引における買方金利の優遇ですが、金利の引き下げ幅は入金額と入庫額を合計した金額によって異なります。通常、制度信用取引の買方金利は2.30%、一般信用取引の買方金利は2.75%ですが、合計金額が上限の場合、制度信用取引で最大1.19%、一般信用取引で最大1.59%の優遇金利が受けられます。

以下の通り、合計した金額が大きいほど買方金利の優遇を受けられる仕組みとなっています。

入金額と入庫額の合計 制度信用取引 一般信用取引
5,000万円〜5億円未満 1.75% 1.99%
5億円〜10億円未満 1.48% 1.75%
10億円〜 1.19% 1.59%

合計金額は、入金額(証券口座内の現金)と入庫額(入庫日と出庫日の終値を基準とした時価評価)の合計から算出されます。入庫額は入金額の1.5倍で計算されるため、証券口座内で株式を保有している方がメリットは大きくなります。

例えば、現金5,000万円を入金後、現金1,000万円を出金し、残りの現金で株式を購入した場合の合計金額は、(5,000万-1,000万)×1.5倍=6,000万円となるため、キャンペーンの適用対象となります。ただし、投資信託は入庫額として認められないため、注意が必要です。

また、キャンペーンの期間は2021年7月1日〜2021年9月30日までの3ヶ月間ですが、適用条件の判定は毎週第一営業日に行われます。そして、適用条件が達成された場合、翌週の第一営業日から2ヶ月後の最終営業日まで、買方金利の優遇を受けられます。

例えば、8月2日〜8月6日までの間に入金額と入庫額の合計が5,000万円を超えた場合、キャンペーンの適用期間は、次のようになります。

条件を満たした期間 8月2日から6日までに入金額と入庫額を合わせて5,000万円を超える
毎週第一営業日 8月10日に合計額を集計し判定
適用期間 8月16日から10月31日までの買方金利を優遇

入金日は、証券口座に金額が反映された日を指します。一方、出金日は、証券口座から金融機関口座に資金が出金された日となります。また、入庫日は証券口座内の預かり残高に反映された日を指し、出庫日は証券口座内の預かり残高から消えた日です。

そのため、適用条件を一度満たした後でも、条件の判定は引き続き行われる仕組みとなっています。毎週第一営業日の判定は変わらず行われるため、判定期間に条件を満たしていない場合、翌週から優遇金利が無効になる場合もあります。

なお、判定期間中に以前の適用条件を更新していた場合には、翌週からより良い優遇金利を受けられます。

3 SBIネオトレード証券のキャンペーンにエントリーする方法

SBIネオトレード証券のキャンペーンに参加する場合、以下の手順を踏むとスムーズに進みます。
詳しく確認してみましょう。

3-1 証券総合口座の開設

SBIネオトレード証券のトップページから「口座開設」ボタンを押し、開設する口座の種類を選択します。各種交付書面を確認後、氏名・住所・職業などの個人情報を入力し、本人確認書類を提出します。

本人確認書類は、マイナンバーカードの有無によって提出書類が異なります。マイナンバーカードが無い場合、いずれかの書類を用意します。

  • 顔写真付きの本人確認書類+マイナンバー通知カードまたはマイナンバー記載の住民票
  • 通知カード+各種健康保険証+住民票
  • マイナンバー記載の住民票+各種健康保険証

必要書類の提出後、一週間程度で口座開設は完了となります。SBIネオトレード証券からログインIDが記載された簡易書留が届くので、新規のパスワードを設定すれば、証券総合口座の開設は完了となります。

3-2 信用取引口座の開設

次は、信用取引口座の開設です。SBIネオトレード証券からマイページを開き、信用取引申込を行います。契約締結前交付書面や口座設定約諾書などの内容を確認したら、同意にチェックを入れます。

申し込みが完了すると審査が始まります。審査基準には、口座開設時の年齢や、信用取引の特性に合った投資目的、金融資産額が300万円以上であることなどがあります。また、審査の期間は最短で2営業日となっており、審査に通過すると信用取引口座の開設は完了となります。

3-3 証券口座に入金

最後に、証券口座に入金します。SBIネオトレード証券の入金方法には、「クイック入金」と「お客様専用口座入金」の2種類あります。

「クイック入金」は、振込手数料が無料なほか、証券口座への入金額が24時間のリアルタイムで反映される方法です。SBIネオトレード証券のマイページから「入出金」タブを選択し、「クイック入金」を選ぶと操作時の注意画面が表示されるのでよく確認し、入金金額を入力してから利用する金融機関を選択します。

選択した金融機関のネットバンキング画面から振込操作を行い、振込決済の承認作業が終われば、入金作業は完了となります。

一方、「お客様専用口座入金」は、SBIネオトレード証券が指定する金融機関口座に振り込む方法です。証券口座に入金が反映される時間は、「クイック入金」に比べて遅く、入金の確認が取れてから、おおよそ5分前後かかります。

また、反映時間は24時間ではないため、15時15分を超えた入金手続きに関しては、翌営業日の8時45分前後からの反映となります。営業日である15時までに金融機関を訪れ、振込先名義を「株式会社SBIネオトレード証券」に指定して、入金手続きを行うことができます。振込先は、ログイン後のお客様情報から取引暗証番号を入力することで確認可能です。

まとめ

SBIネオトレード証券では、信用金利の優遇が受けられるキャンペーンや、現金・ポイントを貰えるキャンペーンを実施中なので、新規で信用取引を始めたい方や、ポイ活をしている方に適した内容となっています。

なお、適用条件や対象期間は各キャンペーンによって異なるので、SBIネオトレード証券のキャンペーンを利用する場合は、事前にその内容をしっかりと確認することが大切です。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」