FOREX.comの評判は?メリット・デメリットを比較、スプレッドやスワップ金利も

FOREX.comは、FXサービス以外にも、オプション取引や自動売買サービスなど幅広いサービスを利用できるメリットがあります。その一方で、スプレッドが広めやスワップポイントがあまり高くないというデメリットもあります。

そこで本記事では、FOREX.comのメリットやデメリット、どんな人におすすめなのかを詳しく解説します。

目次

  1. FOREX.comとは
  2. FOREX.comの5つのメリット
    2-1. 1,000通貨という少額から取引が行える
    2-2. 「MT4」が利用できる
    2-3. 通貨以外にも金や銀など幅広い商品を取引できる
    2-4. 条件をクリアすれば無料でVPS環境が手に入る
    2-5. FX以外のサービスも充実
  3. FOREX.com の2つのデメリット
    3-1. 他社と比較してスプレッドが広い
    3-2. 独自コンテンツが少ない
  4. FOREX.com はこんな方におすすめ
  5. FOREX.com のキャッシュバックキャンペーン情報
  6. まとめ

FOREX.comとは

FOREX.comは、ゲインキャピタル・ジャパンが提供するFXサービスです。ゲインキャピタルは、ニューヨーク証券取引上場の金融サービスグローバルリーディングカンパニーです。また、約180か国でサービスを展開し、約12,000もの金融商品を提供していることから、世界中のトレーダーに利用されているFX会社です。

FOREX.comの5つのメリット

FOREX.comのメリットは、次の通りです。

  1. 1,000通貨という少額から取引が行える
  2. 「MT4」が利用できる
  3. 通貨以外にも金や銀など幅広い商品を取引できる
  4. 条件をクリアすれば無料でVPS環境が手に入る
  5. FX以外のサービスも充実

それぞれ詳しく紹介します。

2-1. 1,000通貨という少額から取引が行える

FOREX.comでは、1,000通貨という少額から取引を行うことができます。1,000通貨の必要証拠金は、約4,000円前後です。つまり、1,000通貨から取引を行えるFX会社では、約4,000円からFXを始めることができます。

例えば、DMM.com証券やGMOクリック証券では、10,000通貨からの取引となっています。10,000通貨の必要証拠金は、約40,000円前後です。FOREX.comではより少額から取引ができるため、初心者の方でもリスクを限定した取引を行うことができるでしょう。

2-2. 「MT4」が利用できる

FOREX.comでは、「MT4」のプラットフォームを利用した取引を行うことができます。MT4は、ロシアのMeta Quotes社が開発した取引ツールであり、世界中のトレーダーに愛用されています。人気の理由は、チャートの性能の良さとカスタマイズ性に優れているという点です。

例えば、MT4では他のトレーダーが作成したインジケーターや自動売買を回すことができます。国内のFX会社が提供するツールでは、他人が作成した自動売買やインジケーターを使うことはできません。MT4を利用することにより、オリジナルインジケーターや自動売買を利用できるため、自分の思い通りの取引を行うことが可能です。

2-3. 通貨以外にも金や銀など幅広い商品を取引できる

FOREX.comでは、通貨以外にも金や銀など幅広い金融商品を取り扱っています。国内FX会社は通貨のみの取引が多いため、通貨以外の取引を行うには別のFX会社で新たに口座開設をする必要があります。通貨以外の金融商品も取引したいという方は、FOREX.comの利用を検討されてみると良いでしょう。

2-4. 条件をクリアすれば無料でVPS環境が手に入る

FOREX.comの口座開設をすれば、EAホスティングサービスが利用でき、VPSを無料で使うことができます。利用できるVPSはBeeks Financial Cloudのもので、自動売買取引のためのサーバーを提供する世界最大クラスの会社です。

VPSは自動売買を行う方に有用なもので、パソコンの電源を落としても取引を稼働させることができるようになります。例えば、雷などで停電が発生した際、VPSを利用していなければパソコンの電源が落ち、自動売買が止まってしまうというリスクがあります。しかし、VPSを利用し自動売買を行っていれば、インターネット上で取引を行っているため、パソコンの電源が落ちても自動売買が止まるということはありません。ただし、VPSを利用するには、以下の条件があります。

利用条件

  • FOREX.comのMT4口座を持ち、EAホスティング申請後、同社確認時点の口座の残高が30万円以上ある
  • 継続の場合は、現時点で当月月間取引量50万通貨以上の取引がある
  • 開始時期:原則申請してから一週間以内
  • 利用期間:1ヶ月

当月月間取引量が50万通貨以上ということのため、初心者の方にはハードルが高めです。ただ、国内FX会社でVPS環境を無料で利用できるFX会社は数少ないため、条件付きとはいえ無料で利用できるというのはメリットと言えるでしょう。

2-5. FX以外のサービスも充実

FOREX.comは、FX以外にもオプション取引や自動売買サービスがあるなど、FX以外のサービスも充実しています。国内のFX会社では、一般的にFXのみの取引となっているところが多く、FX以外のサービスを利用するには別の口座を開設しなければなりません。

しかし、FOREX.comでは1つの口座でオプション取引や自動売買を利用できるため、手間を省くことができるメリットがあります。

FOREX.com の2つのデメリット

FOREX.comのデメリットは、次の通りです。

  1. 他社と比較してスプレッドが広い
  2. 独自コンテンツが少ない

それぞれ詳しく紹介します。

3-1. 他社と比較してスプレッドが広い

FOREX.comでは、スプレッドが広いという点がデメリットに挙げられます。FOREX.comの米ドル/円のスプレッドは、以下の通りです。

通貨ペア 日本時間
9:00~14:00 14:00~18:00 18:00~4:00
USD/JPY 0.9 0.8 0.9

国内のほとんどのFX会社で、米ドル/円のスプレッドは0.2銭~0.3銭となっています。0.2銭~0.3銭と比べると、FOREX.comの0.8銭は若干スプレッドが広めとなっています。

3-2. 独自コンテンツが少ない

FOREX.comでは、学習コンテンツや情報コンテンツなど、独自コンテンツが少ない傾向にあります。国内FX会社では、初心者向けに学習コンテンツを提供しているところがあります。

例えば、外為どっとコムでは、マネ育チャンネルや有名投資家のFXレポートなど、独自コンテンツが豊富です。そのため、初心者の方でも、取引について同じサービスの中で学びながらFXに取り組むことができます。

しかし、FOREX.comでは、そういった学習コンテンツが少ないため、書籍や他のサイトで主体的に学びながら取引を進めていく必要があります。

FOREX.com はこんな方におすすめ

FOREX.comは、以下のような方におすすめです。

  • MT4を利用して取引を行いたい方
  • VPS環境で自動売買を行いたい方
  • FX以外にもオプション取引や自動売買を行いたい方
  • 通貨以外にも金や銀などの取引を行いたい方

FOREX.comは1,000通貨からと少額から取引を行えることはメリットですが、学習コンテンツや独自コンテンツが少ないため、事前に書籍で学んだり、他のFX情報サイトも併用しながら取引を進めていく必要があります。

FOREX.com のキャッシュバックキャンペーン情報

FOREX.comでは、取引量によりキャッシュバックキャンペーンを行っています。条件は、以下の通りです。

取引量(米ドル換算) 100万米ドルあたりのキャッシュバック金額 キャッシュバック金額
この数量から この数量まで
ステージ1 $50,000,000 $99,990,000 ¥1,000 ¥50,000~¥99,990
ステージ2 $100,000,000 $249,990,000 ¥1,200 ¥120,000~¥299,988
ステージ3 $250,000,000 上限なし ¥1,500 ¥375,000~上限なし

まとめ

FOREX.comは、ニューヨーク証券取引上場として知られるゲインキャピタル・ジャパンが提供するFXサービスです。FXを少額で始めたい方や通貨以外にも金や銀など幅広く商品を取引したい方にメリットのある会社ですが、一方でスプレッドが広め、学習コンテンツが少ないといったデメリットもあります。

この記事でご紹介した情報をもとに、ぜひ検討を進めてみて下さい。

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドなどへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 FXチーム

HEDGE GUIDE 編集部 FXチーム

HEDGE GUIDE 編集部 FXチームは、FXに関する知識が豊富なメンバーがFXの基礎知識から取引のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」