アイネット証券の自動売買のスワップポイントは?口コミやメリット・デメリットも解説

「ループイフダン」はアイネット証券が提供している自動売買サービスです。自動売買のなかでは取引コストも低く、多くのFX初心者にも利用されているループイフダン及びアイネット証券が気になっている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回はループイフダンのスワップポイントのほか、アイネット証券の口コミ・メリット・デメリットについて解説していきます。

※本記事は5月23日時点の情報です。最新の情報についてはご自身でもよくお調べください。
※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

目次

  1. アイネット証券の自動売買のスワップポイント
  2. アイネット証券の口コミ
    2-1.アイネット証券の取引ツールについて
    2-2.アイネット証券のサポート体制について
  3. アイネット証券の3つのメリット
    3-1..自動売買「ループイフダン」を使える
    3-2.「ループイフダン」に関する情報が豊富
    3-3.1,000通貨単位で取引できる
    3-4.スワップポイントが高い
  4. アイネット証券の3つのデメリット
    4-1.裁量取引に比べてスプレッドが広め
    4-2.ループイフダンは含み損を前提にしている
    4-3.電話サポートが17時まで
  5. まとめ

1.アイネット証券の自動売買のスワップポイント

最初にアイネット証券の自動売買「ループイフダン」のほか、代表的なFX会社16社のスワップポイント比較してみましょう。

FX会社 米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZドル/円 南アフリカランド/円
アイネット証券 買:+54
売:-69
買:-27
売:+21
買:+111
売:-144
買:+15
売:-21
買:+57
売:-75
買:+30
売:-39
GMOクリック証券(FXネオ) 買:+42
売:-51
買:-30
売:+21
買:+93
売:-102
買:+15
売:-24
買:+39
売:-48
買:+24
売:-33
LINE FX 買:+42
売:-51
買:-48
売:+30
買:+93
売:-102
買:+15
売:-24
買:+39
売:-48
買:+24
売:-33
松井証券FX 買:+30
売:-150
買:-120
売:+30
買:+36
売:-126
買:+0
売:-90
買:+0
売:-90
買:+24
売:-54
DMM FX 買:+54
売:-63
買:-33
売:+24
買:+132
売:-141
買:+15
売:-24
買:+54
売:-63
買:+24
売:-33
IG証券 買:+29
売:-79
買:+19
売:-71
買:+83
売:-139
買:-11
売:-41
買:+20
売:-64
買:+29
売:-37
auカブコム証券FX 買:+6
売:-171
買:-105
売:+0
買:+45
売:-150
買:+0
売:-105
買:+0
売:-105
買:+6
売:-42
LIGHT FX 買:+36
売:-45
買:-6
売:+0
買:+135
売:-144
買:+30
売:-30
買:+45
売:-45
買:+27.3
売:-27.3
マネーパートナーズ(パートナーズFXの場合) 買:+3
売:-471
買:-339
売:+3
買:+9
売:-474
買:+0
売:-447
買:+6
売:-297
買:+3
売:-78
外貨ex byGMO 買:+45
売:-105
買:-75
売:+15
買:+126
売:-186
買:+6
売:-66

買:+39
売:-99

買:+27
売:-87
外為どっとこむ 買:+42
売:-117
買:-75
売:+15
買:+93
売:-153
買:+6
売:-51
買:+27
売:-87
買:+27
売:-57
SBI FXトレード 買:+42
売:-54
買:-30
売:+15
買:+120
売:-135
買:+3
売:-18
買:+39
売:-54
買:+24
売:-33
楽天FX 買:+45
売:-63
買:-45
売:+15
買:+120
売:-156
買:+21
売:-24
買:+27
売:-81
買:+15
売:-24
インヴァスト証券(トライオートFX) 買:+57
売:-108
買:-90
売:+21
買:+105
売:-180
買:+15
売:-177
買:+45
売:-198
買:+27
売:-57
FXブロードネット(トラッキングトレード) 買:+18
売:-120
買:-135
売:+30
買:+30
売:-174
買:+12
売:-117
買:+6
売:-144
買:+15
売:-75
みんなのFX(みんなのシストレ) 買:+36
売:-45
買:-6
売:+0

買:+135
売:-144
買:+30
売:-30
買:+45
売:-45
買:+27.3
売:-27.3
マネースクエア(トラリピ) 買:+27
売:-282
買:-189
売:+0
買:+36
売:-114
買:+36
売:-120
買:+51
売:-132
買:+6
売:-42

※1万通貨あたり。2022年4月6日発生日(取引日)をカウント

今回比較した日時においては、アイネット証券「ループイフダン」のスワップポイントはとくに米ドル/円、NZドル/円、南アフリカランド/円が高水準であることがわかります。

アイネット証券のスワップポイントについての口コミでは「主要通貨ペアのスワップポイントは高いほうだと感じる」など全体的に評価している声を複数確認することができました。

2.アイネット証券の口コミ

続いて、アイネット証券の口コミを見ていきましょう。言い口コミだけでなく、悪い口コミも集めてみました。

  • スプレッドは広い。ただ、自動売買をしているためとくに気にならない
  • 毎年いい感じで利益を上げているが、いつかドカッとでかい含み損を抱える覚悟が必要だと思う
  • ドル/円のスワップポイントは他社と比較しても高めだと思う
  • 個人的にはもう少し約定力が高いと助かる。高いボラティリティがある時間帯は、思ったより不利な価格で約定してしまうことがある
  • 主要通貨ペアのスワップポイントは高いほうだと感じる
  • 自動売買なので裁量取引と比べてスプレッドは広めなのは仕方ないと思う。ただほかの自動売買のスプレッドよりは狭くて良い
  • ループイフダンは仕事中も就寝中も休まずコツコツ利益を出し続けてくれるので助かる
  • 配信される情報は一般的なもので、やや不十分に感じる
  • 電話問い合わせを2回したことがあるが、どちらも丁寧にサポートしてくれた
  • 機能やツールの使いやすさも標準的なレベル。特に困ることはなかった
  • ※上記は全て個人の感想になります。最新の情報についてはご自身でもお調べのうえご判断ください。

スワップポイントやループイフダンに関する肯定的な口コミが複数ありました。一方、スプレッドや約定力についてはマイナスな口コミも見られました。次に口コミでも言及されていた、「取引ツール」と「サポート体制」について深掘りしていきます。

2-1.アイネット証券の取引ツールについて

口コミでも言及されていた取引ツールについて、アイネット証券では全4種類の取引ツールを提供しています。

アイネット証券の取引ツール
ダウンロード版 高機能取引ツール。チャートからのダイレクト発注が可能で、各種テクニカル指標も豊富に搭載
ブラウザ版 パソコンやスマホなどで使える、シンプルな取引ツール
スマホアプリ FXに必要な機能を備えたスマホ版の取引ツール。ループイフダンの登録や管理も可能
タブレット タブレットで見やすい画面レイアウトが特徴。機能もパソコンに匹敵する

「取引ツールの使い勝手を確認したい」という方は、デモ取引で上記4つの取引ツールを利用することができますので、デモ取引の活用も検討してみてください。

2-2.アイネット証券のサポート体制について

アイネット証券では電話問い合わせができるほか、問い合わせフォームから質問を送ることも可能です。電話問い合わせについては9時~17時までのため、24時間対応しているFX会社と比べると短めです。

ただ、口コミに「電話問い合わせを2回したことがあるが、どちらも丁寧にサポートしてくれた」とあるとおり、筆者も2回電話問い合わせをしたところ、電話はすぐに繋がり、非常に的確に質問に対して答えていただきました。電話をしてもなかなか繋がらないFX会社も少なくないなか、個人的には好印象を持ちました。

3.アイネット証券の4つのメリット

続いて、アイネット証券のメリットを4つ紹介します。

  • 自動売買「ループイフダン」を使える
  • 「ループイフダン」に関する情報が豊富
  • 1,000通貨単位で取引できる
  • スワップポイントが高い

上記のとおり、アイネット証券のメリットはループイフダンに関するものが半分を占めています。順に見ていきましょう。

3-1.自動売買「ループイフダン」を使える

アイネット証券の最大のメリットは自動売買「ループイフダン」を利用できる点です。ループイフダンは値動きに合わせて「安く買って高く売る」を自動で繰り返してくれる、シンプルな自動売買システムです。

アイネット証券によると、ループイフダン口座で運用している51%がFX経験1年未満ということで、多くのFX初心者が利用していることがわかります。仕事や学校があり、自分で売買ができない方にとっては、取引チャンスを逃さず自動で売買してくれるループイフダンはメリットがあるでしょう。

ループイフダンについてはアイネット証券「ループイフダン」の評判は?でも解説していますので、ぜひ読んでみてください。

3-2.「ループイフダン」に関する情報が豊富

アイネット証券では、初めてループイフダンをする方からループイフダンで運用中の方までを対象に、ループイフダンに関する多彩な情報を発信しています。以下、アイネット証券で発信しているループイフダンに関するコンテンツ例です。

ループイフダンに関するコンテンツ例
ループイフダン入門編 ループイフダンの仕組みやメリット、設定についてなど入門的な内容を解説
ループイフダン操作編 ループイフダンの始め方や運用中の管理方法など、ループイフダンの操作に関する内容を解説
山中康司の移動平均線で攻めるループイフダン戦略 為替アナリスト山中康司氏がループイフダンの戦略を解説

上記はあくまで一部です。「ループイフダンを学びたい」「ループイフダンの活用方法を知りたい」という方は、上記のようなループイフダンに関するコンテンツを確認してみましょう。

3-3.1,000通貨単位で取引できる

アイネット証券は1,000通貨単位で取引することができます。1万通貨単位に設定しているFX会社と比べると、少額投資が可能です。

ループイフダンに関するコンテンツ例
取引金額 必要証拠金
1,000通貨(アイネット証券 12万5,000円 5,000円
1万通貨(DMM FXなど) 125万円 5万円

※米ドル/円、1ドル=125円、スプレッド25倍の場合

ただし、より少額投資が可能な100通貨単位、1通貨単位で取引できるFX会社もあります。少額投資ができることを第一優先にFX会社を選んでいる方は、100通貨単位もしくは1通貨単位で取引できるFX会社も検討しましょう。

3-4.スワップポイントが高い

スワップポイントはFX会社各社が決めているものであり、各社の方針によって水準が異なります。アイネット証券のスワップポイントは高い水準にあります。

時期や通貨ペアにもよるものの、スワップポイント目的でFXをしたい方のFX会社選びではアイネット証券が選択肢に挙がるでしょう。

4.アイネット証券の3つのデメリット

続いてアイネット証券のデメリットを3つ見ていきます。

  1. 裁量取引に比べてスプレッドが広め
  2. ループイフダンは含み損の覚悟が必要
  3. 電話サポートが17時まで

メリットに加えてデメリットもしっかり頭に入れておきましょう。

4-1.裁量取引に比べてスプレッドが広め

アイネット証券のスプレッドは、裁量取引と比べて広めです。以下、アイネット証券と代表的なFX会社の裁量取引のスプレッドを比較してみました。

FX会社  米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZドル/円 南アフリカランド/円
アイネット証券(ループイフダンの場合)  2.0銭 3.0銭 5.0銭 1.5銭~4.0銭 4.0銭 7.0銭
GMOクリック証券(FXネオ)  0.2銭 0.5銭 1.0銭 0.6銭 1.2銭 0.9銭
LINE FX  0.2銭 0.3銭 0.5銭 0.3銭 0.5銭 1.0銭
松井証券FX  0.2銭~1.6銭 0.5銭 1.1銭 0.7銭 1.2銭 1.0銭
DMM FX  0.2銭 0.5銭 1.0銭 0.6銭 0.8銭 1.0銭
外貨ex byGMO  0.2銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭 1.2銭 1.3銭
楽天FX  0.2銭 0.5銭 1.0銭 0.6銭 1.2銭 0.9銭

※2022年4月12日時点

全体的にアイネット証券のスプレッドは広いことがわかります。自動売買はスプレッドが広いケースも少なくありません。

ただし、取引手数料がかからないループイフダンは、ほかの自動売買と比べると、トータルの取引コストは低いといえます。取引コストを抑えて自動売買をしたい方にとってはループイフダンはメリットがあるでしょう。

4-2.ループイフダンは含み損の覚悟が必要

ループイフダン
出典「ループイフダンとは

値動きに合わせて繰り返し売買を繰り返すループイフダンは、その戦略上、どうしても含み損を回避することができません。ループイフダンでは含み損を抱えることは前提として、中長期で利益を上げることを目指しているのです。そのため、「含み損をなるべく抱えたくない」という方にとって、ループイフダンの相性はそれほど良くないと感じるでしょう。

4-3.電話サポートが17時まで

アイネット証券の電話サポート時間は平日9時~17時までです。決して短くはないものの、24時間電話サポート可能なFX会社があることを考えると、とくに日中働いている方にとってはデメリットに感じるでしょう。

5.まとめ

今回はアイネット証券のスワップポイントや口コミ、メリット・デメリットを解説してきました。アイネット証券の大きなメリットは自動売買「ループイフダン」ができることです。

アイネット証券自身もループイフダンに関するコンテンツを多数配信しているなど、力を入れていることがわかります。ループイフダンを含めて、アイネット証券に興味が湧いた方は、ぜひ積極的に検討を進めてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
庄子 鮎

庄子 鮎

証券会社および求人広告会社を経て、2019年よりフリーライターに。証券会社時代では営業職に従事し、主に株式や投資信託、債券の販売を経験。また現在、投資家でもあり、FX・日本株・米国株などへ投資をしている。"どういう表現でどこまで説明すれば、より分かりやすくなるか"を意識し、解説していきます。