FXでスプレッド縮小キャンペーン続々。SMBC日興証券、楽天証券、DMM.com証券

FX(外国為替証拠金取引)ではスプレッド(取引の際の買値と売値の差)が気になるところ。SMBC日興証券株式会社、楽天証券株式会社、株式会社DMM.com証券は9月1日から、それぞれのFXサービスでスプレッド縮小キャンペーンを打ち出した。

SMBC日興証券は、「日興FX」で、情報端末を使用する「ダイレクトコース」限定で、「<対象通貨は月替り>スプレッド半額&スワップ優遇キャンペーン」を12月1日まで実施中。期間中はキャンペーン対象通貨について、スプレッドを半額に、スワップを優遇する。9月から10月1日までのキャンペーン対象通貨は南アフリカランド/円。日興FXは、米ドル/円なら約500円で始められるFXサービス(米ドル/円が125円までの場合)。米ドル/円なら、スプレッドは0.15銭(原則固定、例外あり)で取引できる。

楽天証券は「楽天FX」取引における「NZ ドル/円」「豪ドル/米ドル」「カナダドル/円」など 9 通貨ペアのスプレッドを9月1日から大幅に縮小した。NZ ドル/円は3.9 銭を 1.2 銭に、カナダドル/円は3.9 銭を1.7銭に、スイスフラン/円は5.9 銭を1.8銭に、豪ドル/米ドルは1.9 銭を0.9銭に縮小。NZ ドル/米ドルでは4.0pipsが1.6pips、ユーロ/英ポンドは4.0pipsが1.0pips、ユーロ/スイスフランは5.0pipsが1.8pips、英ポンド/スイスフラン5.0pips が2.8pips、米ドル/スイスフラン 5.0pipsが 1.6pipsに縮小となる。同社が扱う主要 17 通貨ペアの通常スプレッドは大手ネット証券最狭水準になった。

株式会社DMM.com証券は「DMM FX」と「外為ジャパンFX」で「CAD/JPY(カナダドル円)」「MXN/JPY(メキシコペソ円)」のスプレッド縮小キャンペーンを12月1日まで開催している。対象通貨ペアはDMM FXではCAD/JPY(カナダドル円)の基準スプレッドを1.7銭から0.7銭に、MXN/JPY(メキシコペソ円)は0.3銭から0.2銭に縮小。外為ジャパンFXではCAD/JPY(カナダドル円)の基準スプレッドを1.7銭から0.7銭に縮小した。

レートは原則固定、例外として、リーマンショックや東日本大震災のような突発的な事象や、市場の流動性が低下している場合、例えば月曜日の午前7時~午前8時頃、夏時間の午前6時前後<冬時間の午前7時前後、経済指標の発表前後の時間帯などにおいては、スプレッドが拡大する場合があるとアナウンスしている。

【関連サイト】DMM FX
【関連サイト】楽天証券
【関連記事】DMM FXの評判・口コミ
【関連記事】楽天証券の投資信託の評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 FXチーム

HEDGE GUIDE 編集部 FXチーム

HEDGE GUIDE 編集部 FXチームは、FXに関する知識が豊富なメンバーがFXの基礎知識から取引のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」