ブロックチェーン領域に取り組みを進め始めたGoogle。ビットコインやイーサリアム、XRPなどの取引履歴を検索可能に

Googleはビットコインとイーサリアムをはじめとする仮想通貨のトランザクションデータを検索可能にする「Blockchain ETL(Extract、Transdorm、Load)」の開発を始めている。米経済誌のForbesが2月4日付で報じている。

報道によると、GoogleのデータサイエンティストAllen Day氏とオープンソースの開発者のチームは同社のビッグデータ分析プラットフォーム「BigQuery」を利用して、ビットコインとイーサーリアムのブロックチェーン情報をすべて解析するソフトウェア「Blockchain ETL」を開発した。Allen Day氏が今回のツールをリリースする以前は、ブロックチェーンを検索するためには「block explorers(ブロックエクスプローラ)」と呼ばれるソフトウェアが必要だった。

当初はビットコインとイーサリアムだけを対象としていたが、現在ではライトコイン、Zcash(ジーキャッシュ)、DASH(ダッシュ)、ビットコインキャッシュ、イーサリアムクラシックも「BigQuery」に情報をアップロードしている他、XRPについては既にすべてのトランザクション履歴のアップロードが完了しているという。

「Googleはブロックチェーン領域の眠れる巨人だ」、そう語るのはGoogleと提携してブロックチェーンのエンタープライズアプリケーションを販売するBlockAppsのCEOだ。Forbesによると、Googleは既にブロックチェーンに関連する多数の特許を申請しているという。事実、Googleのベンチャー投資を担うGVでは、数多くの仮想通貨スタートアップに対して多大な投資を行ってきた実績もある。いまだにユースケースという観点で明確な報道がされないものの、最近ではGoogleやFacebook、Amazonのような大手IT企業によるブロックチェーンへの取り組みが報じられる機会も増えてきた。引き続き注目していきたい。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法
【関連記事】イーサリアムとは?特徴・仕組み・購入方法
【関連記事】XRPとは?特徴・仕組み・購入方法
【参照記事】Navigating Bitcoin, Ethereum, XRP: How Google Is Quietly Making Blockchains Searchable

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。