ウォール街でブロックチェーンの啓蒙活動を行うWSBA、R3と提携へ

ブロックチェーンの推進を目指すWSBA(The Wall Street Blockchain Alliance)は2月5日、ブロックチェーンプラットフォームのCordaを提供するR3との提携を発表した。

WSBAは、ブロックチェーンテクノロジーと仮想通貨の包括的な採用を推進、指導、促進することをミッションに掲げる非営利団体だ。今回の提携によって、Cordaに関与する世界最大級の金融サービス企業やテクノロジー企業、中央銀行、規制当局、業界団体などを含む300以上のグローバルネットワークに参加することとなる。

R3は官民の両セクターから集まる300以上のメンバーで構成されたブロックチェーンソフトウェア企業だ。昨今、R3はさまざまな大企業との提携を進めている。大手金融機関IGNとの商用プラットフォームCorda Enterpriseのライセンス契約やSBIホールディングスとの合併会社「SBI R3 Japan株式会社」設立、また国際送金サービスSWIFTにおいてはgpi(global payments innovation)統合のための実証実験を開始するなど、ブロックチェーン普及に向けた動きに余念がない。

「2019年はユースケースの年」と言われる中、ブロックチェーンの普及に向けた動きは加速していくのか。注目していきたい。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」