ブロックチェーンを開発者の数で評価、開発者コミュニティが活発なプロジェクトが明らかに

開発者コミュニティが活発なブロックチェーンプロジェクトが明らかとなった。暗号資産メディア大手Decryptの公開したレポートによると、特にイーサリアムが最も多くの開発者を惹きつけており、FilecoinやPolkadot、その他DeFiプロジェクトが急速にエコシステムを拡大させているという。

暗号資産・ブロックチェーンプロジェクトを評価する場合、時価総額を基準とする方法が一般的となっている。つまり、時価総額が高いプロジェクトほど価値があると判断されているのだ。

しかしながら、時価総額だけの評価では良質な開発者コミュニティを見逃してしまい、マーケティング力のあるプロジェクトばかりが評価されてしまう。その結果、詐欺的なプロジェクトが蔓延してしまったり、立ち上げ当初の計画からなかなか進まないプロジェクトが数多く存在してしまっている。

そのため、どれだけ活発な開発者コミュニティが存在するかというのは非常に重要な指標になるといえるのだ。

今回のレポートでは、最も活発な開発者コミュニティを有するプロジェクトとしてイーサリアムが選出されている。イーサリアムには、開発者が月間平均で約2,300人活動しており、過去3年間で215%の成長を記録しているという。

次いで紹介されたのはPolkadotだ。イーサリアムの共同創業者であるGavin Wood氏がリードするPolkadotには、約400人の活発な開発者が存在している。これは、プロジェクト開始から3年という同期間でみるとイーサリアムを上回るという。

分散型ストレージFilecoinにも活発な開発者コミュニティがあるようだ。Filecoinは2020年10月にプロジェクトが立ち上がったばかりであり、2019年の第3四半期から2020年の第3四半期にかけて開発者の数が3倍に増えたという。

その他にも、特にDeFiプロジェクトは急速に開発者を増やし続けている。レポートで触れられたプロジェクトは、NearやAvalanche、Uniswap、Balancer、Celo、Algorand、Solanaなどだ。レポートによると、DeFi関連の開発者は2020年に67%増加したという。

また、NFT市場を牽引するDapper Labsが開発したNFT特化のブロックチェーンFlowも、近年急速にエコシステムを拡大している。

【関連記事】イーサリアムとは?特徴・仕組み・購入方法
【参照記事】Who Are the Fastest Growing Developer Communities in Crypto?

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
株式会社techtec リサーチチーム

株式会社techtec リサーチチーム

「学習するほどトークンがもらえる」ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル) 」を運営。日本発のブロックチェーンリーディングカンパニーとして、世界中の著名プロジェクトとパートナーシップを締結し、海外動向のリサーチ事業も展開している。Twitter:@PoL_techtec