Pantera Capitalが2022年の業界動向を予測、セカンドレイヤー、NFT、DeFiのセキュリティなど

暗号資産・ブロックチェーン領域に特化したベンチャーキャピタルPantera CapitalのパートナーPaul Veradittakit氏​​が、2022年の業界動向を予測した。DeFi市場の成長に伴いマルチチェーン化が加速した2021年を受けて、2022年の注目トピックを6つ紹介している。

  1. セカンドレイヤー・Rollup

    ArbitrumやStarkExなどのイーサリアムのセカンドレイヤーソリューションが成熟。イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決する長期的な取り組みとして、今年は開発が加速する

  2. マルチチェーン化が継続

    SolanaやBinance Smart Chain(BSC)などのイーサリアム以外のブロックチェーンが引き続き盛り上がると予想。併せて、異なるチェーンを繋ぐブリッジの開発が加速し、クロスチェーンの流動性増加が期待できる。

    なお、2022年はビットコインのブロックチェーン上にもDeFiを中心としたDAppsが構築されると予想している。ビットコインは、2021年のアップデートでスマートコントラクト機能の強化が行われており、これがエコシステムの拡大要因として見られているようだ。

  3. コンポーザビリティとWeb3.0

    オンラインで統一されたエコシステム全体を繋ぐブロックチェーンのコンポーザビリティが有効活用され、Web3.0全体として更なる資金流入が予想される

  4. NFTの拡大

    2021年に続き今年もNFTは右肩上がりを続けると予想。これまでのような単純な画像だけでなく、より多くの場面でNFTが活用されるようになる

  5. DAO

    2021年はDAOのコンセプトに共感が集まった1年だった。DAOの成長と共に、DAOをサポートするためのツールや仕組みが登場することになると予想される

  6. DeFiとセキュリティ

    大規模なエクスプロイトが目立つDeFi業界は、2021年も複数の事件が起きてしまった。今年は、DeFiのセキュリティにより多くの注目と資金が集まることになる。セキュリティを高めないことには、DeFi市場のこれ以上の発展は考えにくい

2021年は、日本でもWeb3.0やDAOといった言葉が知名度を高め、マルチチェーン化も加速した。2022年は、2021年の流れを引き継ぎつつ、イーサリアムのセカンドレイヤーが成熟のフェーズを迎え、DeFiのセキュリティも高まればより強固な暗号資産・ブロックチェーンエコシステムが構築されることになるだろう。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法
【関連記事】イーサリアムとは?特徴・仕組み・購入方法
【参照記事】Pantera’s Paul Veradittakit’s 2022 Predictions

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
株式会社techtec リサーチチーム

株式会社techtec リサーチチーム

「学習するほどトークンがもらえる」ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル) 」を運営。日本発のブロックチェーンリーディングカンパニーとして、世界中の著名プロジェクトとパートナーシップを締結し、海外動向のリサーチ事業も展開している。Twitter:@PoL_techtec