SBIやGoogleVenturesも!リップル社への出資企業

ここではリップル社に出資するさまざまな企業・投資家やその金額について紹介していきます。

リップル社の株式を10%保有するSBIホールディングス

みなさんもご存知の日本の金融機関のSBIはリップルのパートナー企業で外すことができない企業のひとつです。SBIグループ代表取締役執行役員社長の北尾吉孝氏は、自社の株主総会で何度もリップルの将来性について語っており、アジアでのリップル普及に向けてSBI Ripple Asiaを立ち上げた他、リップル社の株を10%保有するなど、リップルの普及に努めています。

GV(旧GoogleVentures)も投資

GV(旧GoogleVentures)はGoogleを運営するAlphabet社から独立したCVC(Corporate Venture Capital:コーポレートべンチャーキャピタル)です。2009年に設立され、シード、ベンチャー期のテクノロジー企業に積極的に投資をすることで有名です。

GVは300社以上に投資実績をもち、ヘルスケアや人工知能、サイバーセキュリティなどの生活を改善させて産業を変化させる分野への投資をすることを目的としています。GVはリップル社に対しても2013年の初期から投資を行っていたことから、多くの投資家から注目を集めました。

リップル社への出資企業・投資家一覧

2012年10月2日 シードラウンド:20万米ドル

・Jesse Powell:ビットコイン取引所Kraken創設者兼CEO
・Avant Global:米国カリフォルニア州サンタバーバラに本社を置くビジネスアドバイザリー、ベンチャーキャピタル

2013年3月1日 シードラウンド

・Tim Kendall:エンジェル投資家

2013年4月11日 エンジェルラウンド:150万米ドル

・Vast Ventures:デジタルメディア・マーケティング分野のアーリーステージベンチャーファンド
・Lightspeed Venture Partners:消費者、企業向け、技術、クリーンテック分野専門のベンチャーキャピタル
・FF Angel LLC:サンフランシスコを拠点とするベンチャーキャピタル
・Digital Currency Group:Coindeskをはじめとしたビットコイン・ブロックチェーン事業を展開
・Andreessen Horowitz:シリコンバレーを拠点とするベンチャーキャピタルで、シード期からグロース期の企業に27億米ドルを運用

2013年5月14日 エンジェルラウンド:140万米ドル

・Pantera Capital:ビットコインを始めとする仮想通貨、宇宙事業を対象とした投資会社
・IDG Capital Partners:テクノロジー分野のアーリーからグロースステージ企業を対象とした中国の投資会社
・GV:シード、ベンチャー、グロースステージのテクノロジー企業に投資を行うGoogleから独立して設立されたベンチャーキャピタル
・Camp One Ventures:ソーシャル、モバイル、Fintech、Saasのスタートアップ企業のアーリーステージを対象としたベンチャーキャピタル

2013年11月12日 シードラウンド:350万米ドル

・Venture51:シードステージ、アーリーステージのテクノロジー企業を対象としたカリフォルニアに拠点を置くベンチャーキャピタル
・IDG Capital Partners:上記参照
・Core Innovation Capital:スモールビジネスやアメリカ人向けの事業を展開する企業に特化したベンチャーキャピタル
・Camp One Ventures:上記参照

2015年5月19日 シリーズA:2,800万米ドル

・Seagate Technology LLC:コンシュマー、ビジネス向けにデータストレージソリューションを提供する企業
・Route 66 Ventures:Fintech企業・サービスを対象としてベンチャーキャピタル、クレジットソリューションを提供する企業
・RRE Ventures:ソフトウェア・インターネット・通信分野のアーリーステージ企業を対象としたニューヨークに拠点を置くベンチャーキャピタル
・Nurzhas Makishev:アーリーステージを対象としたベンチャーキャピタルKNMの業務執行社員
・IDG Capital Partners:上記参照
・Digital Currency Group:Coindeskをはじめとしたビットコイン・ブロックチェーン事業を展開
・Core Innovation Capital:上記参照
・CRCM Ventures:アメリカと中国のシードステージ・アーリーステージを対象とした投資会社
・CME Ventures:金融サービスに特化したアイディア・起業を対象とした投資会社
・Blockchain Capital:ブロックチェーンや仮想通貨のエコシステムを対象としたベンチャーキャピタル

2015年10月6日 シリーズA:400万米ドル

・Seagate Technology LLC:上記参照
・Santander InnoVentures:最大の商業銀行サンタンデールグループのベンチャーキャピタル
・CME Ventures:上記参照

2016年9月15日 シリーズB:5,500万米ドル

・Venture51:上記参照
・Standard Chartered Bank:ロンドンに本拠を置き、世界70か国に事業ネットワークを展開する世界的な銀行金融グループ
・Seagate Technology LLC:上記参照
・Santander InnoVentures:上記参照
・SCB Digital Ventures:タイ最大級のサイアム・コマーシャル銀行子会社のベンチャーキャピタル
・SBI Investment:SBIホールディングス子会社のベンチャーキャピタル
・CME Ventures:上記参照
・Blockchain Capital:上記参照
・Accenture:ストラテジー、コンサルティング、デジタル、テクノロジー、 オペレーションズの5つの領域でサービスを提供するコンサルティングファーム
・Abstract Ventures:プレシード、シード、シリーズAのスタートアップ企業を対象としたベンチャー投資起業

2017年4月6日 ファンディングラウンド

・Rosemoor Capital Management LLC:国際金融のイノベーション企業を対象とした投資会社

XRPの購入を検討しているなら

HEDGE GUIDEでは、編集部がXRPの概要をわかりやすく5つのポイントにまとめてご紹介しています。また、XRPを購入できるおすすめの取引所・販売所もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

リップルに関する記事の一覧を見る

XRP購入可能なおすすめの仮想通貨取引所・販売所一覧

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」