リップル社が提唱したILP(Inter Ledger Protocol)とは?

ILP(Interledger Protocol:インターレジャープロトコル)は、米リップル社が2015年に提唱した、世界中の異なる台帳やネットワークをまたがる取引における決済方法の国際標準規格化プロジェクトのことを指します。「Inter(相互の)Ledger(台帳)をつなぐProtocol(手順)」という名の通り、例えばビットコインのブロックチェーンと銀行の台帳などのようにこれまで互換性がなかった異なる台帳同士の取引を即時にできるよう、決済における標準的な規格を作ろうというと取り組みです。

Interledgerは2015年にリップルのCTOであるステファン・トーマス氏とソフトウェア設計者のエヴァン・シュワルツ氏によって発明され、同年の10月に最初のホワイトペーパーが公開されました。そしてそのすぐ後にウェブの世界で使用される技術の標準化を進めている非営利団体のW3C(World Wide Web Consortium)にてILPの策定に向けたコミュニティグループが立ち上げられ、現在はW3CがILPの開発を進めています。

ILPは自身のウェブサイトの中でその役割を「The Protocol for the Internet of Value(価値のインターネットのためのプロトコル」と定義しています。ウェブの世界ではW3Cが定めたHTTPやTCP/IPといった国際標準規格により世界中で即時に情報やデータを伝達できる現在のインターネットの仕組みが実現されましたが、これと同じことを「価値」の移動において行おうとしているのがILPです。

通常、異なる台帳間で価値を交換する場合には仲介者が介在することによる仲介コストや時間的なコストが発生するだけでなく、通貨の単位が異なることによる問題、価値の消失リスクといったさまざまな問題が発生する可能性があります。

ILPの実現は、異なる台帳間での価値移転を可能にすることによって従来のコストを大きく削減できることから、現在でも実現が難しいマイクロペイメントも可能にし、価値あるコンテンツを提供する人々に支払い通貨(台帳)を気にすることなく対価の支払いが可能な「価値のインターネット」の実現の基盤となるものです。

ILPは、ビットコインをはじめとする仮想通貨のブロックチェーンネットワークや銀行など既存の金融機関のネットワーク、クレジットカード会社のネットワーク、Paypalをはじめとするモバイル決済ネットワークなど、異なるシステム上で動いている台帳をつなぎ、世界中のあらゆる決済を即時にできる仕組みづくりを目指しています。

【参照サイト】Interledger Protocol

XRPの購入を検討しているなら

HEDGE GUIDEでは、編集部がXRPの概要をわかりやすく5つのポイントにまとめてご紹介しています。また、XRPを購入できるおすすめの取引所・販売所もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

リップルに関する記事の一覧を見る

XRP購入可能なおすすめの仮想通貨取引所・販売所一覧

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」