CATEGORY 暗号資産トレード

暗号資産トレード

主要な金融市場とビットコイン市場の相関関係、ポートフォリオの組み方について

2022年にビットコインは株式市場との相関が強まり、米国株とほぼ連動しているような動き方をしていました。しかし、ここへきてその相関が崩れつつあります。ここでは現在のマーケット状況と相関関係からビットコイン相場をどのように見ていくべきか考察したいと思います。

暗号資産トレード

ビットコインのプットコールレシオとは【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

2017年にCME(シカゴマーカンタイル取引所)でビットコインの先物市場が登場した他、2021年には先物ビットコイン市場ベースのETF(上場投資商品)もリリースされました。こうした流れを受けて、ビットコインのオプション市場も取引高が増加しています。ここでは、現物ビットコインの価格予想に参考となるオプション市場における「プットコールレシオ」について解説したいと思います。

暗号資産トレード

COTレポートをビットコイントレードに役立てる【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

ビットコインの時価総額が大きくなり、以前は個人投資家が中心だった仮想通貨(暗号資産)マーケットは、現在では機関投資家のポートフォリオにも組み込まれるようになりました。

機関投資家や大口投資家の思惑は相場で意識されることになり、現在では市場分析においても機関投資家の動向を掴むことが重要になっています。ここでは機関投資家のポジション動向をチェックするツールとして「COTレポート」を紹介します。

暗号資産トレード

25日移動平均線でビットコインのトレンドを捉えよう【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

初心者にとってテクニカル分析で頭を悩ますのは、テクニカル指標で利用する数値の設定です。何日の移動平均線を使えばよいのか初心者では全く分からないでしょう。ゴールデンクロスやデットクロス等を勉強しても、基本的な移動平均線一つでも日数を指定しないといけないため悩んでしまうと思います。ここでは移動平均線の設定方法について解説して行きたいと思います。

暗号資産トレード

金融市場の動向が仮想通貨市場に影響を及ぼすのか?【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

2018年以降は株式市場との相関関係が強くなり、以前はリスク回避資産として見られていた側面の強いビットコインもリスクアセットとして株式と同じような動き方をするようになっています。そこで今回は現代の金融市場が仮想通貨市場に影響する背景と、それを踏まえた考え方について解説します

暗号資産トレード

時価総額の小さいアルトコインの中から優れたプロジェクトを見分けるコツとは?

HEDGE GUIDEではあくまでも仮想通貨投資のメインをビットコインやイーサリアムに振り分けることを推奨しています。しかし、ポートフォリオの1%でも草コイン投資に割り当てて、自分自身で判断をして投資できるようになると仮想通貨投資がまた一段楽しいものとなるでしょう。そこで今回は優れた仮想通貨プロジェクトの探し方について解説します。

暗号資産トレード

ビットコインの上昇局面や過熱しているときに注意すべきこと【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

仮想通貨(暗号資産)の上昇局面で市場が盛り上がってる時は、ついつい自分も買いたくなるものです。しかし、このタイミングでの投資は上昇局面が終わった後に大きく損失を抱える可能性が高くなります。そのため、今回は仮想通貨の上昇局面の特徴や高値づかみをしてしまう原因など、上昇局面で盛り上がってる時に注意すべき点について解説したいと思います。

暗号資産トレード

ファンディングレートで急落を見極める!?【ビットコイントレード戦略について仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

今年秋口から急激に上昇してきているビットコイン(BTC)ですが、一体どこで上昇が一服するのか判断に迷う方も多いでしょう。直近ではアメリカのビットコインETF承認から大口投資家、機関投資家の参入が相次いでおり、個人投資家だけのマーケットではなくなってきました。

ここではビットコインのトレンド相場において、短期的な反転のタイミングを見極める手段の一つとして、「ファンディングコスト」を利用する考え方を紹介したいと思います。

暗号資産トレード

テーパリングとビットコイン価格の関係性【仮想通貨取引所の元トレーダーが考察】

「アメリカのテーパリングがいつから始まり、政策金利の上昇がいつから始まるか」は、2021年の金融市場最大のテーマと言っても過言ではありません。株式市場・債権市場・外国為替取引市場において、テーパリングに関する情報が出るたびに大きな値動きにつながっています。今回は、テーパリングについて理解し、ビットコインの価格にどのような影響を与えるのかという点について考察します。

暗号資産トレード

ビットコインのオンチェーン分析項目「Liquidity(流動性)」をトレードに活かしてみよう

オンチェーン分析とは、ブロックチェーン上のデータを分析し、ユーザー数、保有量、トランザクション量などを測定し、仮想通貨(暗号資産)の資産価値や利用動向の観測に活用するための手法です。取引データが公開台帳に記録されている透明性の高いビットコインならではの分析方法です。
今回はLiquidity(リクイディテイ)について解説します。

暗号資産トレード

仮想通貨トレードで「時間軸を間違える」とは?投資初心者が陥りがちな失敗例を解説

仮想通貨(暗号資産)のトレーディングにおいて、投資家の戦略は千差万別です。保有期間が一番短いものから「スキャルピングトレード」、「デイトレード」、「スイングトレード」、「中長期の運用」といった手法になります。期間に応じた戦略が必要となるのですが、投資初心者はこの点を見落としがちで、時間軸を誤って判断しているケースが見受けられます。ここでは、そうしたミスについて解説したいと思います。

暗号資産トレード

【元トレーダーが解説】暗号資産取引所のビットコインの板の読み方

暗号資産の投資を始めた方の中には、初めて「取引板」に降れる人も少なくないかと思います。取引板には市場参加者の注文が反映されており、証券投資家にとっては馴染みの深い仕組みです。取引板の分析は「板読み」と呼ばれ、様々なヒントを得るための重要な技術となっています。ここでは暗号資産取引所の取引板について、基礎的な内容から読み方まで解説したいと思います。

暗号資産トレード

【元トレーダーが解説】暗号資産投資をする前に知っておくべき用語・後編

ここでは暗号資産トレードをする前に知っておくと便利な用語を解説していきます。ご説明する用語を知っておくことで、よりスムーズな暗号資産トレードが可能になるかと思います。日々の暗号資産関連ニュースを読む際にスムーズに理解するためにも、今回ご紹介する用語をしっかり押さえておきましょう。

暗号資産トレード

【元トレーダーが解説】レバレッジ取引でショートポジションを作るときの注意点

ビットコインの値動きでレバレッジ取引を行うと、資金が急激に増えることもあれば、あっという間に資産を失うこともあります。しかし、レバレッジ取引には重要な利点があり、それは「ショートポジションで利益を出すことができる」というものです。ここでは下落相場で利益を出したいトレーダー向けに、ショートポジションを作るときの注意点を経験談も含めて解説したいと思います。

暗号資産トレード

【元トレーダーが解説】移動平均線1本でビットコインのトレンドを把握する方法

初心者にとって重要なポイントは「トレンドに沿ったトレードを行うこと」です。よく、「個人投資家は逆張りを好む」と言われますが、実は順張りトレードが一番心理的負担が少なく、資産運用として比較的利用しやすい手法です。ここではトレンドに沿った順張りトレード手法の一つとして、移動平均線を1本だけ利用した方法をご紹介したいと思います。