お金のデザイン、お任せでESG投資ができる「THEOグリーン」提供範囲を拡大

ESG投資ができるTHEOグリーン

株式会社お金のデザインは12月1日、資産一任型ロボアドバイザー「THEO(テオ)」でポートフォリオの一部をESG関連ETFに変更して運用できる機能「THEOグリーン」で、提供の対象をテオおよび「テオ+(テオプラス)」の全ユーザーに範囲を拡大した。

THEOグリーンは、THEOの機能ポートフォリオ「グロース」「インカム」「インフレヘッジ」のうち、株式を中心とした「グロースポートフォリオ」を、ESG関連ETFでの運用に切り替えられる機能。ESG投資は、環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)への取り組みに対する評価軸で企業を選び、投資する手法。対象は広いが、THEOグリーンの場合は「クリーンエネルギーを使⽤してCO2の排出量を削減している、地域の新規雇⽤で地域経済を活性化させている、より良い会社になるためのルール作りを積極的に⾏っているといった企業に投資をする」ことだと同社は説明している。

2021年9月に提供を開始し、ESGやサステナビリティーに対する関心の高まりを追い風に、今年11月22日時点で利用者は1万3000人を超えた。オンラインの診断結果に基づいて231通りの中から、顧客専用のポートフォリオを提供するTHEOの「おまかせ資産運用」と基本的なサービス内容は同じ。テオの利用を開始した後は、マイページからいつでもTHEOグリーンを設定できる(年10回まで)。利用対象を拡大することで「資産運用を通じて持続可能な社会の実現に貢献できる」機能を、より多くの人に活用してもらう狙い。

併せて、同社は12月1日から「THEO(テオ)冬のボーナスキャンペーン」を開始している。キャンペーンページからエントリーすると、入金額に応じてもれなく最大10万円がもらえる。提携サービスの「テオプラスdocomo」のユーザーには「dポイント」を最大10万ポイント、日本航空(JAL)との提携サービス「テオ+ JAL」のユーザーには最大3万マイルをプレゼントする。

プレゼント金額は、入金10万円以上20万円未満で300円、20万円以上30万円未満で500円、30万円以上50万円未満で1000円、50万円以上100万円未満で2000円と増えていき、1000万円以上2000万円未満で4万円、2000万円以上で10万円となる。期間は23年2月28日。これからTHEOの利用を開始する人も対象となるが、テオプラスの利用者はキャンペーン対象外。

プレゼントは、23年3月下旬に、SMBC日興証券の証券口座などに送金を予定している。

【関連サイト】THEO+ docomo
【関連記事】THEO+ docomoの評判・口コミ

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザーチームは、ロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが投資の基礎知識からロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」