さとふる、「グリーン物流パートナーシップ会議」に加入。地域産品の物流領域で環境負荷低減目指す

ふるさと納税ポータルサイト「ふるさと納税サイト「さとふる」」を運営する株式会社さとふるは3月8日、国土交通省・経済産業省・一般社団法人日本物流団体連合会・公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会が主催する「グリーン物流パートナーシップ会議」に加入したと発表した。自社が行う物流領域で環境負荷を低減し、持続可能な物流システムに貢献することを目指す。

グリーン物流パートナーシップ会議は、物流分野における環境負荷の低減、物流の生産性向上など持続可能な物流体系の構築に向けた荷主企業・物流事業者が連携した取組を普及促進するため2005年4月に設立。06年度より特に顕著な功績があった優良な取り組みの表彰を行っている。一般社団法人日本経済団体連合会が後援し、約3500の企業・団体や個人が登録している。

同社は、寄付者が満足できるサービスとお礼品事業者の負担軽減の両立を目指し、ふるさと納税のお礼品における物流の課題改善に努めている。物流では、一部のお礼品を契約倉庫で保管、指定日に合わせた出荷作業をお礼品提供事業者に代わって行う指定日配送サービスや時間帯指定配送サービスを具現化した。

サービスを拡大し物流量の増加が見込まれる中、同会議に加入することで、他の会員企業・団体との連携を通し、自社の物流領域の環境負荷低減や持続可能な物流システムへの貢献、寄付者や事業者の利便性向上を図る。

ふるさと納税サイト「さとふる」は「ふるさとの元気を“フル”にする、ふるさとの魅力が“フル”に集まる」をコンセプトに、寄付先の自治体やお礼品の選定、寄付の申し込み、寄付金の支払いなどができる。自治体向けには寄付の募集や申し込み受け付け、寄付金の収納、お礼品の在庫管理や配送など、ふるさと納税の運営に必要な業務を一括代行する。

今月は寄付額の最大9%分の「PayPayボーナス」が戻ってくる「3月×3大ふるさと納税キャンペーン」を実施中。「超PayPay祭さとふるでPayPay残高でのお支払いなら最大3%PayPayボーナス戻ってくる」、さとふるアプリ限定・指定日限定の「メガさとふるの日キャンペーン」で最大6%(通常1%のところ5%上乗せ)の計9%。PayPay株式会社が実施している「日本全国全額チャンス!超ペイペイジャンボ」の対象サイトとなっており、1等に当選すると決済金額の100%(全額)が戻ってくる。キャンペーンはいずれも3月31日まで。

【関連サイト】ふるさと納税で応援!SDGs特集
【関連サイト】ふるさと納税サイト「さとふる」
【関連サイト】さとふるの評判・口コミ

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 ふるさと納税チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ふるさと納税チーム

HEDGE GUIDEでは、ふるさと納税に関する最新ニュース、ふるさと納税を利用する前に知っておくと良い基礎知識、ふるさと納税サービスの選び方、おすすめのお礼品などをわかりやすく解説しています。