リップルがブロックチェーン推進コンソーシアム「ハイパーレジャー」に参画

国際送金ソリューションを提供するリップル社は3月28日、ブロックチェーン技術の発展を推進するコンソーシアム(協働組織)の一つである「ハイパーレジャー(Hyperledger)」に参画した。IBMやLinuxらによって立ち上げられた同コンソーシアムには、今回の発表でリップル社を含めた14社が加盟したことがわかっている。

従来の企業向けILP(インターレジャープロトコル)はJavascriptのみ動作していたが、今回リップル社とハイパーレジャーが提携したことにより、世界中のソフトウェア開発者はJavaでのアクセスが可能になるという。

リップル社と日本のシステムインテグレーターNTTデータの協働により、プログラミング言語Javaでのプロトコル修正が行われたのだ。両社はその後、新たなプロジェクトを「ハイパーレジャーキルト(Hyperledger Quilt)」と名付け、改良されたJavaベースのプロトコルをハイパーレジャーに提出した。

リップル社の最高技術責任者であるステファン・トーマス氏は、同プロジェクトに以下のような好意的な見解を示した。「ハイパーレジャーキルトプロジェクトは、ハイパーレジャーのブロックチェーンと、XRPレジャー、イーサリアム、ビットコイン、ライトコイン、Mojaloop、RippleNetなどの他のILPに対応した支払いシステムとを繋げ、私たちの目指す価値のインターネットのビジョンを実現するものだ。」

今後の目標として、ハイパーレジャーは3つのオープンソースのブロックチェーンプラットフォームを実用化できるまでに発展させ、ブロックチェーンアプリケーションの開発のスピードを上げるための企業向けブロックチェーンツールを立ち上げると発表している。2018年は ハイパーレジャーコンソーシアムにとって忙しい年となりそうだ。

【参照サイト】Ripple Joins Hyperledger Blockchain Consortium

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。