カナダで環境を考慮したビットコインETFが誕生、ビットコイン投資とESG投資を組み合わせ

カナダのNinepoint Partnersが、環境を考慮したビットコインETFを5月10日に発表した。ETFを提供するにあたって発生した温室効果ガスを計測し、その分を相殺するための取り組みにETFで得た手数料を利用するという。

Ninepoint Partnersは、ビットコインへの投資に関心を持っているもののESG投資にも魅力を感じている投資家に向けて、新たにカーボンニュートラルなビットコインETFの提供を開始した。

ビットコインは、投資先として有望だと考える人が増えている一方で、マイニングによる環境への負荷が指摘されているのも事実だ。昨今SDGsやESG投資といったテーマが注目を集める中で、Ninepoint Partnersが新たな取り組みを発表している。

Ninepoint Partnersは、ビットコインETFの二酸化炭素排出量を相殺することで、投資家にポートフォリオを多様化するためのより良い方法を提案した。これまでビットコインファンドとして提供していた投資商品をEFTに変更するという。

以前のビットコインファンドは2021年1月に提供が開始され、3億ドル以上の資産を運用していた。世界中でビットコイン関連のファンドが増加する中で、差別化の戦略としてビットコイン投資とESG投資をうまく組み合わせた格好となっている。

Ninepoint Partnersによると、投資家は分散投資を犠牲にすることなく、ポートフォリオにESGソリューションを組み込むことを求め始めているという。

今回の発表に際しNinepoint Partnersは、炭素排出量の分析とカーボンオフセットのサービスを提供するCarbonXとの提携も発表している。CarbonXとの提携により、アマゾンの森林保全プロジェクトを支援していく予定だ。

Ninepoint PartnersのAlex Tapscott氏は、「ビットコインは急速に成長している資産クラスであり、既に重要な金融テクノロジーとなっています。ビットコインがより持続可能な方法で成長を遂げていくために、私たちは自らの役割を果たさなければなりません。」と述べている。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法
【参照記事】Ninepoint to Fully Offset Carbon Footprint of Ninepoint Bitcoin ETF

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
株式会社techtec リサーチチーム

株式会社techtec リサーチチーム

「学習するほどトークンがもらえる」ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル) 」を運営。日本発のブロックチェーンリーディングカンパニーとして、世界中の著名プロジェクトとパートナーシップを締結し、海外動向のリサーチ事業も展開している。Twitter:@PoL_techtec