投資初心者向け!仮想通貨で100万円稼ぎたい人が知っておくべき5つのこと

仮想通貨はこれまでと異なる新しいお金のかたちとして注目を集めており、その基盤技術であるブロックチェーンについても現在のインターネットのような誰もが使うインフラになる技術として注目を集めています。日本では2017年、世界に先駆けて仮想通貨の財産的価値を認める法律も施行されており、日々仮想通貨は認知度が高まってきています。

世界における日本の仮想通貨取引額は非常に大きいウェイトを占めていたこともあり、改正資金決済法の施行後には国内でも仮想通貨投資を扱う特集などが多く組まれたことを受け、仮想通貨投資はブームになるまで成長を遂げました。「バブル」とまで呼ばれた仮想通貨投資の過熱ぶりは保有資産1億円を有する「億り人」を続出させ、どんな仮想通貨を買っても保有し続ければ損をすることはないとまで言われました。

しかし、「バブル」だった2017年でも大きな損失を出した投資家は後を絶ちませんでした。また、「バブル」が過ぎ去った2018年、仮想通貨投資は今までのようにただ単純に保有し続けていればいいという投資対象ではなくなっています。そこで以下では、仮想通貨投資で「100万円を稼ぎたい!」とお考えの方に知っておくべき5つのポイントをご紹介していきます。

目次

  1. 仮想通貨で100万円稼ぎたい人がこれだけは知っておきたい5つのこと
    1-1.仮想通貨を購入するなら安全・安心の取引所を利用しよう
    1-2.2,000種類を超える仮想通貨の中で初心者におすすめの通貨は一握り
    1-3.購入する仮想通貨の情報は情報元を確認しよう
    1-4.長期投資で時間を味方につけてリスクを分散しよう
    1-5.資金は多ければ多いほど安全
  2. リスクとリターンを正確に見極めて、自分に適した投資をしよう

仮想通貨で100万円稼ぎたい人がこれだけは知っておくべき5つのこと


仮想通貨投資は、1,000円あれば始められる手軽さ、取引開始までの手続きの簡潔さから、投資開始までのハードルが低い初心者におすすめの投資です。仮想通貨の基盤技術であるブロックチェーンも、AIやビッグデータなどと肩を並べて第四次産業革命のひとつに数えられる技術です。一方、こうした新興の技術はこれからどうなっていくかが不明確であることから、ハイリスクハイリターンであることを覚えておきましょう。

仮想通貨を購入するなら安全・安心の取引所を利用しよう


仮想通貨を手に入れる方法には大きく3つの方法があります。1つ目は仮想通貨取引所で「購入する」、2つ目はキャンペーンや友人・知人などの第三者から仮想通貨を「もらう」、3つ目は機器を揃えて仮想通貨プロジェクト運営をサポートして仮想通貨を「稼ぐ」、この3つです。仮想通貨で稼ぐ場合、仮想通貨を購入した価格よりも高く売ることでキャピタルゲインを得る「購入する」方法が一般的です。

仮想通貨の売買は仮想通貨取引所で行う必要がありますが、昨今仮想通貨取引所ではハッキングや大量の通貨流出事件が続出しているため、被害にあわないためにもセキュリティに強い仮想通貨取引所を選ぶ必要があります。「セキュリティ対策が万全なおすすめ仮想通貨取引所・販売所3選」では、セキュリティに強い取引所をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

2,000種類を超える仮想通貨の中で初心者におすすめの通貨は一握り


仮想通貨投資初心者の方の中には、今や2,000種類以上も存在する仮想通貨の中でどの仮想通貨を買えばいいか悩んでしまうという方も多いのではないでしょうか。最近ではさまざまな規制が設けられたことで過剰な謳い文句が並べ立てられたプロジェクトは減りつつありますが、有名人が宣伝しているからといって安易にその仮想通貨を購入することは控えるべきです。

時価総額10位以内に入るような知名度の高い仮想通貨はすでに価格も高くリターンが限定される一方で、誰も知らない仮想通貨よりは信頼性の高いプロジェクトです。逆に知名度の低い仮想通貨の場合はリスクも高くなります。数十倍の利益が狙える可能性があるということは、プロジェクトがまだ始動したばかりで、価格は安定しない上にプロジェクト自体が立ち行かなく恐れが十分にあることを意味しています。仮想通貨を購入する場合には、そのプロジェクトが目指す未来をしっかり理解し、投資を決めましょう。

購入する仮想通貨の情報は情報元を確認しよう


仮想通貨市場はまだ未成熟であることや、仮想通貨という考え方自体が特定の管理者が存在することを否定していることもあり、仮想通貨に関する一次情報を入手することは初心者にとって非常に難易度の高いものとなっています。有名な仮想通貨プロジェクトですら、複数のWEBサイトで情報が展開されていることも多く、Twitterのようなタイムラインベースで最新情報を発信していることも珍しくありません。そのため、初心者の方はつい、情報をまとめてくれている情報メディアや有名人の発言を参考に投資を決めてしまいますが、情報が古かったり、中には情報が間違っているということも。

仮想通貨は世界中で開発されているものなので、基本的に信頼できる情報元は英語になっていることがほとんどです。ついつい英語への苦手意識から信頼できる情報元を確認しないこともあるかもしれませんが、英語の翻訳段階で意味が捻じ曲がったり、意図的に情報を変えて発信する人も多く散見されます。仮想通貨投資に限らず、投資の前の情報収集では必ず開発者などの情報発信者がどのようなニュアンスで何を語っているかについて、しっかりと把握するようにしましょう。

長期投資で時間を味方につけてリスクを分散しよう


100万円を稼ぐための期間は短期なのか長期なのか。自分が目標とする期間によって、リスクや手段、達成の難易度は大きく変わってきます。短期視点で考えるのであれば、取引を頻繁に行って利益を積み重ねるか、大きな値動きを捉えて効率的に取引を行う方法が考えられます。取引回数の多くなりがちな短期目線の投資は難易度が高く、チャートの分析やファンダメンタルズの分析、手数料やスプレッドといった取引所ごとの特徴の把握、仮想通貨を取り巻く市場の動向把握など、初心者には非常にハードルの高い力が求められることになります。

一方、長期投資の場合、資金を分散して投資していくことで購入価格を平準化できたり、短期視点ほどの売買を繰り返す必要がないことから仮想通貨プロジェクトの大きな流れを追っておくだけで良い気軽さが魅力です。もちろん、仮想通貨の将来に資金を投じることができるという前提ですが、短期トレードに必要な細やかな作業は投資初心者や副業には不向きなものです。投資初心者の方は、まず半年から1年単位を区切りとした中期長期を視野に仮想通貨投資を始めると良いでしょう。

資金は多ければ多いほど安全


資金1万円で100万円を稼ぐか、資金100万円で100万円を稼ぐのかには大きな違いがあります。前者は100倍にすることを考えなければならないのに対し、後者は2倍にすることを考えれば良いためです。100倍にするためには、取引を繰り返して利益を積み重ねるか、自分のもつ資金以上の投資が可能なレバレッジ取引を利用するか、100倍まで価値が上がる仮想通貨を購入する必要がありますが、どの方法も難易度の高いものです。

仮想通貨投資で資金を2倍にするというのも、一般的に投資対象となる株式や為替取引などと比較して、リスクの大きいものです。なぜなら、株式や債券といったこれまでの投資対象は1日に数%の利回りが標準で、数十%の利回りに期待できる株式などはごく稀で損失を出す可能性も十分にあるためです。こうしたリスクを考慮しつつ100万円を元手に100万円を稼ぐ場合は、1日の取引量が多いビットコインやビットコインキャッシュ、イーサリアム、XRPといった比較的注目されている仮想通貨への分散投資をすることでリスクを抑えることができます。さらに、リスクを抑えたい場合は、一度株式や為替取引といった投資対象を考慮してみてもいいでしょう。現在の仮想通貨市場は仮想通貨取引が盛んだった2017年と比較して、時価総額が半分以下となり、ビットコインの価格はおよそ3分の1にまで縮小しています。こうした仮想通貨が普及を見せ、投資家から再び目を向けられた時には価格が上昇する可能性が高いと言えるでしょう。このように、潤沢な投資資金があればリターンを得るために背負うリスクを自分で選択することができます。ぜひ覚えておきましょう。

リスクとリターンを正確に見極めて、自分に適した投資をしよう

いかがだったでしょうか。仮想通貨投資に関する景気のいい話を聞く中で、「自分も仮想通貨で一発当ててやろう!」「とにかくなんでもいいから利益を得たい!」といった考えになりやすいかもしれません。そんなときにはここであげた5つのポイントをチェックしてみて、大切な資金を失うことがないようにあらためて確認してみることがおすすめです。投資の目的やその過程で必要となること、どのくらいの資金や時間を投じるつもりなのかをしっかりと考え、ぜひ100万円を稼ぐまでの投資ライフも考えてみてください。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」