チャート分析機能が豊富な取引所・販売所3選

仮想通貨の売買で利益を得るには安く買って高く売るというのが鉄則ですが、実際に取引をするにあたって、仮想通貨投資家は何を参考に売りと買いを決めれば良いでしょうか。一般的に、投資の分析手法にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2つがあります。

ファンダメンタルズ分析は、それぞれの仮想通貨が目指すビジョンや開発進捗などの技術動向や各国の規制状況などの変化が市場全体に与える影響を分析するものです。さまざまなニュースや開発状況をもとに、仮想通貨の時価総額が増えるか減るか、増え方や減り方はどの程度か、一時的なのか継続するのか、将来はどうなるのかという分析に対して、現在の価格が高いか安いかを判断します。

テクニカル分析は、仮想通貨の過去の値動きをチャートで表し、そのトレンドやパターンをもとに今後の価格、価格推移を予想するものです。チャートは過去の取引の積み重ねでできあがったトレント・パターンを参考にするため、前例の少ない仮想通貨においてテクニカル分析で将来の値動き予想をすることは難しいとも言われていますが、現在の価格が適正なのか、期待過剰なのか、買い時や売り時を判断するなどの際には有用な手法です。

どちらの手法が正しい、間違っているということではなく、投資にあたってはどちらの手法も利用することがおすすめです。仮想通貨取引所では、こうした分析手法のうち、テクニカル分析をサポートする機能を提供する会社が数多くあります。各社によってそれぞれ利用できる機能や充実具合が異なるため、仮想通貨取引所を選ぶ際には、チャート分析機能の豊富な取引所を選ぶことも重要です。そこで、ここではHEDGE GUIDE編集部がおすすめするチャート分析機能の充実した仮想通貨取引所をご紹介していきます。

チャート分析機能が豊富な取引所・販売所3選

金融機関で採用されている「MetaTrader4」が利用可能な「BITPoint」

仮想通貨取引所・販売所のBITPoint

BITPointは東証二部上場の株式会社リミックスポイントの完全子会社である株式会社ビットポイントジャパンが運営する仮想通貨取引所です。BITPointでは、世界中750社以上の金融機関の取引プラットフォームとして採用されているMetaTrader4を利用した自動売買が可能です。MetaTrader4には、PC取引ツールとしてダウンロードして利用するアプリケーション、スマートフォンの取引ツールにはアプリがあります。1クリックな取引も可能となっており、スムーズな発注が行えます。


100を超えるテクニカル分析が行うことができる「bitbank」

仮想通貨取引所・販売所のbitbank

bitbank(ビットバンク)はビットバンク株式会社が運営する仮想通貨取引所です。bitbankでは、100を超えるテクニカル分析が使える高機能なチャート「TradingView」が無料で利用できます。TradingViewは、GoogleChromeやSafariなどのWebブラウザ上で動作するので、チャート分析サービスをダウンロードする手間などはありません。


仮想通貨FX専用アプリ「ビットレ君」を提供する「GMOコイン」

仮想通貨取引所・販売所のGMOコイン

GMOコインは、東証上場一部上場のGMOインターネットのグループ会社であるGMOコイン株式会社が運営する仮想通貨販売所です。GMOコインでは、仮想通貨FX専用アプリ「ビットレ君」が利用でき、取引に必要な建玉を確認できるほか、全9種類のテクニカル指標を利用できるチャート、価格変動の激しい仮想通貨取引に対応する「スピード注文」といった機能が充実しています。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」