Zaif、Bitcoin・Ethereum・COMSAトークン(ERC20)の出金手数料を値下げ

テックビューロ株式会社が運営する仮想通貨取引所「Zaif」は3月5日、Bitcoin(ビットコイン)、Ethereum(イーサリアム)、COMSAトークン(ERC20)の出金手数料を値下げした。

これまでBitcoinの標準手数料は0.001BTCだったところ、半額の0.0005BTCに、最低手数料0.0005BTCは6割の0.0003BTCとなった。また、Ethereum、COMSAトークン(ERC20)の手数料は一律0.02ETH(CMS:ETH)だったところ、一律半額の0.01ETH(CMS:ETH)となった。

Zaifは取引手数料のマイナス設定や、FX・信用取引・先物取引への対応、積立サービスがあるなど、初心者から上級者のニーズを幅広く汲むサービスを展開している。また、ICOソリューションとして有名な「COMSA」を運営しており、国内最多のトークンを取り扱っている。

【関連ページ】Zaif(ザイフ)の口コミ・評判・口座開設
【関連ページ】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」