仮想通貨の保有状況や利用取引所など、仮想通貨に関するアンケート結果公表、マイボイスコム調査

マイボイスコム株式会社は3月28日、インターネットで実施した「仮想通貨に関するアンケート調査」の結果を発表した。調査実施期間は3月1日から5日まで。回答者数は10,857名で、このうち20代は4%、30代は13%、40代は26%、50代は29%、60代以上が28%だった。男女別内訳は男性53%、女性47%だった。

まず「仮想通貨の保有状況」に関して、仮想通貨の保有経験者は2.8%だった。このうち「直近1年間に仮想通貨を保有している」は2.2%、「以前は保有していたが、直近1年間では保有していない」は0.6%だった。

また「保有したことはないが、興味がある」という回答者は13.2%、「保有したことはない・興味はない」は66.4%だった。「保有したことはないが、興味がある」という回答者のうち10代・20代の男性は30%、30代・40代は20%だった。

仮想通貨の保有状況

続いて、仮想通貨の保有意向について、保有を検討している人は7.9%だった。男性や若年層で高く、10~30代の男性ではそれぞれ2割が保有したいと考えている。一方、60・70代の男性や50~70代の女性では保有したいと考えている割合は3~5%にとどまった。

そして、直近1年間で仮想通貨を保有していた人の70%強がまた保有したいと考えており、これまでに保有していなかった人や興味があると回答していた人の4割が保有したいと回答した。さらにこれまでに保有しておらず、興味もないとした人や仮想通貨について知らないという人はそれぞれ1%が保有したいと考えている。今後も保有したくないという人は77.3%にのぼった。

仮想通貨の保有意向

直近1年間に保有した仮想通貨に関しては「ビットコイン」が74.5%ともっとも多く、続いて「イーサリアム」「リップル」「ビットコインキャッシュ」「ネム」がそれぞれ20%から30%だった。また、利用した取引所・販売所は「ビットフライヤー」が44.4%、「コインチェック」が29.7%、「ザイフ」「GMOコイン」「DMMビットコイン」が各10%台と続いた。

取引所・販売所を選定するときに重視する点は「手数料の安さ」「セキュリティの信頼性」が40%から50%、「会社の信頼性」「割安価格で購入できる」が各30%強だ。また、直近1年間の保有者は、「取引・購入したい銘柄を扱っている」「取扱銘柄が豊富」「取引タイプ」が多い。

「まだ土壌や利便性が整っているようには思えず、株式に比べれば非常に敷居が高い」という意見がある一方、「税制面で不利なので、改善されれば選択肢に入る」「株より小額から購入できるため、今後は保有したい」と市場が整えば参入したいと考えている層もいることがわかった。

【参照ページ】仮想通貨に関する調査/アンケートデータベース(MyEL)

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」