SMBCグループの「地球にやさしいカード」、2021年度は11団体に1200万円を寄付

SMBCグループのSMBCファイナンスサービス株式会社は、地球環境保護を支援する社会貢献型クレジットカード「地球にやさしいカード」の2021年度の寄付額を発表した。2021年度のカード利用総額は23億4,200万円で、寄付金額は1,200万円。累計利用総額は1,571億9,600万円、寄付金額の累計は7億8,600万円となった。

地球温暖化対策など地球規模での環境問題に取り組む国際環境NGO「FoE Japan」に約257万円、石垣島白保村でサンゴ礁保全のため、畑から流出する赤土を食い止めるグリーンベルト植栽活動などを行うNPO「夏花」に約76万円、尾瀬で自然保護活動を通じて自然環境保護意識の普及、啓発に取り組んでいるボランティア団体「尾瀬自然保護ネットワーク」に約66万円など計11団体へ寄付された。

「地球にやさしいカード」は、地球環境保護を目的として1991年に発行開始。カード会員の支援や協力のもと、30年以上にわたって、本カードによる寄付を継続してきた。カードの利用で気軽に寄付できること、確実に地球環境にとどくこと、最適な団体へ寄付されることなどから「やさしい」カードと名付けられている。

日常の買い物や食事などで本カードを利用するだけで、利用金額の0.5%がSMBCファイナンスサービスから公益財団法人・緑の地球防衛基金を通じて各環境団体に寄付される仕組み。寄付金が各団体でどのように役立てられたのかについてはホームページで公開されている。

年会費は本会員が税込1,375円、家族会員が税込385円。会員数は2022年2月末現在で、約9,000名。本カードは「地球温暖化を抑える」のような地球全体のテーマから「白保のサンゴを守る」「尾瀬の自然を守る」など特定の地域の環境や生態系の保全を対象としたものまで幅広いテーマが用意されており、12種類の中から、関心のあるテーマを選んで入会できる。

SMBCファイナンスサービスは、今後も社会貢献活動に積極的に取り組み、国連の定める「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に貢献していくとしている。

【関連サイト】SMBCファイナンスサービス株式会社「社会貢献型カード「地球にやさしいカード」の累計寄付額を発表 ~ クレジットカードの利用を通じて地球環境保護を支援 ~(PDF)
【関連サイト】地球にやさしいカード

The following two tabs change content below.
岡村 幸治

岡村 幸治

フリーライター。2020年までスポーツニッポン新聞社で野球記者を務め、読売巨人軍やアマチュア野球などの取材、原稿執筆を担当。得意分野はスポーツ、旅行、ニュース記事。中立でわかりやすい記事を心がけています。 
Twitter:@koji__O