PayPay証券が投資信託の取り扱いを開始。「Oneグローバルバランス」「未来の世界 ESG」

スマホ証券サービスのPayPay証券株式会社は9月21日から「PayPay証券」アプリで初となる投資信託の取り扱いを開始した。同社オリジナルの「Oneグローバルバランス」と「グローバルESGハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)」(愛称「未来の世界 ESG」)の2銘柄を取り扱っている。既に同アプリのユーザーになっていれば新たな登録や手続き不要で投資信託の売買を行うことができる。

投資信託は、資産運用の専門家が顧客に代わって債券や株式などの資産を、日本やアメリカなど様々な国・地域に分散して投資する方法。少額で分散投資をすることができるため、投資の初心者でも取り組みやすい金融商品の一つ。同社では今回、投資未経験者や経験が少ない人でも、銘柄選びに悩まず選びやすいよう厳選した2銘柄を用意。どちらの銘柄も購入時手数料なしで1000円から購入できる。

Oneグローバルバランスは、国内・外国の債券・株式というベーシックな4つの資産に分散投資をすることができ、安定的なリターンを目指すグローバルバランス型のオリジナルファンド。投資は、国内外の債券・株式というベーシックな4つの資産が対象。値動きが異なる資産を組み合わせて保有することで、資産の値動きの幅を低減することが期待できる。
運用のプロによる投資環境分析に応じた機動的な資産配分の変更を行うことで、信託財産の成長を目指すとしている。

未来の世界 ESGは、個別企業の競争優位性、成長力、ESG(環境・社会・企業統治)への取り組みなどの評価に基づき選定した、質が高いと考えられる企業の中から、市場価格が理論価格より割安と判断される銘柄を厳選して投資するファンド。運用は2銘柄ともアセットマネジメントOne株式会社が行う。

【関連サイト】PayPay証券
【関連記事】PayPay証券の評判・口コミ
【関連記事】PayPay証券のキャンペーン情報

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 編集部 投資信託チーム

HEDGE GUIDE 投資信託は、投資信託に関する国内外の最新ニュース、必要な基礎知識、投資信託選びのポイント、つみたてNISAやiDeCoなどの制度活用法、証券会社の選び方、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」