ミクシィがNFT事業へ参入、Dapper Labsとの業務提携を発表

スマートフォンゲームなどのエンタメ事業を手がけるミクシィは11月5日、独自ブロックチェーン「Flow」などを開発するDapper Labsと業務提携を締結したことを明らかにした。提携の狙いは、Flowを活用したNFT関連の新規事業を創出することになるという。

ミクシィは、SNS「mixi」やスマホゲーム「モンスターストライク」などのコミュニケーションサービスを提供する企業だ。昨年より、「エンタメ×テクノロジーの力で、世界のコミュニケーションを豊かに」を中期経営方針に掲げ、最新のテクノロジーを駆使した領域に注力している。

今回の提携は、中期経営方針が反映された結果であると考えられる。提携先であるDapper Labsは、Flowというエンタメに特化したブロックチェーンを開発しており、NFT領域を席巻している企業のひとつでもある。

また、同社はNFTへの認知を大きく広めた「NBA Top Shot」を運営している。NBA Top Shotは、累計売上高8億ドルを超え、NFTプロジェクトの中でもとりわけ大きな成功を納めてきた。

Dapper Labsとの提携により、ミクシィはDapper Labsからブロックチェーン技術や運営ノウハウ、開発などの支援を受けるという。また、ミクシィの既存サービスや企画中のサービスなどへのNFT活用の検討についても、Dapper Labsによる知見の共有、技術支援を受ける予定だとした。

今回の業務提携に関して、ミクシィCEOの木村弘毅氏は、「Dapper Labsが開発するFlowを活用したサービス展開を行うことで、日本での新たなスポーツの楽しみ方や財源として、また様々なエンタメコンテンツのデジタルアセット化を通して日本のNFT市場を大きく賑わせたい」と述べている。

Dapper Labs CEOのRoham Gharegozlou氏はミクシィについて、「日本において新しいテクノロジープラットフォーム市場で優れた実績がある」と評価しており、ミクシィとともに日本のNFT市場を盛り上げていきたいとコメントした。

ミクシィは、過去にも仮想通貨取引所「ビットバンク」と業務提携を発表している。今後、ミクシィはさらにブロックチェーン関連技術への投資を加速させていくことが予想される。

【関連記事】bitbank(ビットバンク)の口コミ・評判・口座開設
【参照記事】ミクシィ、Dapper Labs Inc.とブロックチェーン「Flow」を活用した新規事業創出に向け、業務提携に関する基本合意書締結|ニュースリリース|株式会社ミクシィ

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
株式会社techtec リサーチチーム

株式会社techtec リサーチチーム

「学習するほどトークンがもらえる」ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル) 」を運営。日本発のブロックチェーンリーディングカンパニーとして、世界中の著名プロジェクトとパートナーシップを締結し、海外動向のリサーチ事業も展開している。Twitter:@PoL_techtec