米FTX、Solana上でNFTマーケットプレイスをローンチ

米暗号資産取引所FTXは10月11日、Solana基盤のNFTマーケットプレイスを本格ローンチした。

これまでのFTXのNFTマーケットプレイスでは、ウェブサイト上で直接作成されたNFTの売買のみに制限されていた。今回ローンチした新たなプラットフォームでは、「Solana Monkey Business」や「Degenerate Ape Academy」などのSolana基盤の人気NFTプロジェクトに対応している。これらのNFTは「Digital Eyes」や「Solanart」などの、他のSolana基盤のNFTマーケットプレイスで取引されていた。

FTXの代表を務めるBrett Harrison氏は、「このプラットフォームの立ち上げにより、米国および世界のユーザーのニーズに対応した市場を提供したいと考えています」とコメントしている。Harrison氏によると、FTXは新プラットフォームにて、75のNFTプロジェクトの展開をスタートするという。SolanaのMetaplex規格に基づく全てのNFTに対応する予定だが、特徴的な仕様も見られるようだ。

FTXは、Solana上でのNFTマーケットプレイスのローンチにあたり、NFTの販売時にロイヤリティ(使用料)を設定するプロジェクトは、有価証券に該当する可能性があるため排除すると発表した。

Harrison氏は、「アーティストやクリエイターにロイヤリティを支払うNFTプロジェクトには対応しますが、コレクション販売におけるロイヤリティをNFT保有者に分配するようなプロジェクトには対応できません」と方針を示している。

FTXのNFTマーケットプレイスでは、ロイヤリティは設定できないものの、ユーザーは固定価格でNFTを売買することが可能だ。また、OpenSeaなどの主要なマーケットプレイスで用いられているオークションシステムも実装されるという。ユーザーは、米ドル、Solana(SOL)、イーサリアム(ETH)のいずれかでNFTを購入することが可能だ。

また、ユーザーがプラットフォームから外部ウォレットにNFTを引き出すこともできるようになる。まずはSolana基盤のNFTのみ取り扱うことになるが、今後はイーサリアム基盤のNFTもサポートする予定だ。

【関連記事】イーサリアムとは?特徴・仕組み・購入方法
【参照記事】How to Deposit NFTs to FTX – FTX.US

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.
株式会社techtec リサーチチーム

株式会社techtec リサーチチーム

「学習するほどトークンがもらえる」ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル) 」を運営。日本発のブロックチェーンリーディングカンパニーとして、世界中の著名プロジェクトとパートナーシップを締結し、海外動向のリサーチ事業も展開している。Twitter:@PoL_techtec